リフォームする際には見積書をとるのは当然のことですが、単に金額だけを見ていませんか?

相見積もり(複数の業者に見積もりを依頼すること)をせっかく取り寄せても、金額だけの比較はNGです。

そこで、見積書を受け取った時に、どの部分を重点的に見ればよいのか、注意する点はどこなのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

“見積書”ここが重要!

作成日が記入されているか?

見積書を受け取って最初に見なくてはいけないのが、見積書の作成日です。見積書は1度撮ったら終わり、というのもではありません。

追加工事や工事範囲が変わった場合など、色々な場面で提出されますので、現在受け取っている見積書はどの時点の見積書なのかを把握しておくことが大切です。

その記録が作成日になります。作成日が抜けている場合は、必ず業者に記入してもらうようにして下さい。

意外と思う方もいるかもしれませんが、見積書が原因で争いごとになることもあるのです。

単価は明確か?

業者によっては見積書に「一式¥*,***,***-」と記載してくることがあります。これは一番警戒しなければいけない業者です。

また、各商品の単価が記載されているものの、同じ商品なのに極端に高い、あるいは極端に安い場合があります。

素人にはわからないと思い、巧みに騙そうとする業者もいます。単価が違う場合は、業者の担当者に確認するようにしましょう。

数量は記載されているか?

数量は見積書中でも大切な部分です。最初に受け取ったプラン図と見積書の数量をチェックすることが重要です。

数量は、個数や面積、時間などを指します。その数量が図面の面積と異なっていないか、個数はどうかを確認することで、見積書を提出してきた業者が信用できるかどうかが分かるのです。

ただし、面積や施工時間などは業者によって計算の仕方が違う場合がありますので、分からないときは、直接、業者の担当者に聞くようにしましょう。

とにかく自分が納得できるまで聞くことが大切。遠慮はいりません。説明の良し悪しも業者の判断基準となります。

スポンサーリンク

諸経費は総工事費の何%か?

見積書には、工事費の他に諸経費も記載されています。この諸経費が業者の儲けとなっている場合が多くあります。

通常は総工事費の10%~15%です。ただ、中には25%以上という業者もありますので、高いと感じれば業者に、何が含まれているのかを質問するのがいいでしょう。

ただ工事内容により実際に必要な金額である場合もありますし、ゼロにしようなんて考えは持たないようにしてください。

合計金額は問題ない?

最近では、ほとんどの会社はパソコンで見積書を作成しますので計算ミスはほぼありませんが、それでもゼロではありません。

入力ミスなどもたまに見られる場合がありますので、必ず自分でも計算するようにして下さい。

見積書の有効期限は?

見積書には必ず有効期限があり、有効期間を過ぎるとモルタルや設備機器等の単価が変わることがありますので注意が必要です。

見積書で争い事が起こるのが、この有効期間なのです。「最初と価格が違うじゃないか!」といったものです。

有効期限があまりに短い場合(1ヶ月未満)注意が必要です。「キャンペーン中のこの期間だけ特別価格になります!」といって、契約を急がせる悪質な業者もいます。

通常、見積書の有効期限は3~6ヵ月です。1ヵ月未満というのはまずありませんので、そういう業者には関わらない方がいいでしょう。

では「よい見積書」とは?

相見積もりをとった経験がある方はご存知だと思いますが、よい見積書はズバリ「分かりやすく詳細に記載されている見積書」です。

そういった業者は見積書とプラン図を見ながらしっかりと説明をしてくれますし、分からない点があった時に質問してもしっかり回答してくれます。

更に説明だけでなく、プランの内容と照らし合わせながら確認も同時に行ってくれる業者もいます。

こういった業者は良心的で、最後まで責任をもって工事を進めてくれる可能性が高いです。安心して工事を任せることができます。

良い見積書を提出してくる業者は、信用できる業者。

金額についても、予算に合わない場合はコストダウンの提案もしてくれますので、工事の契約をしてもトラブルに発展する可能性は低いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています