リフォームして悔やまれる理由として、リフォーム費用をケチることであとで悔やまれる方がいます。

悔やまれるリフォームとはどのようなものかを考えていくと共に、失敗しないリフォームはどのようにすればよいのかを調べていきましょう。

スポンサーリンク

ケチる=失敗?

ケチるという言い方は少し棘がある言い方かもしれませんが、要するにリフォーム費用のコストダウンということです。リフォームのコストダウンには大なり小なりのリスクが伴います。

例えば、費用を抑えるために諦める部分があったとします。しかし実際に暮らしてみて「やっぱりここもリフォームしておいたほうが良かった」と後悔するということです。

リフォーム工事で意外と費用が嵩張るのが水回りリフォームです。その中でも日々実感するのが、キッチンです。費用を少しでも抑えようとキッチンの機能をケチれば、その分リスクも大きくなってきます。

特にガス器具などの調理設備や換気扇・カウンターなどをコストダウンすると、日々家事を行う上で、手間の違いを実感することになります。

・換気扇の性能を少し落としてコストダウンを行うと、排気量が落ち家中に調理中の匂いが充満してしまった。

・ガス器具をワンランク落としたためにグリル機能が使いにくくなり、魚を焼かなくなった。

・天板の材質を落としたために、傷が付きやすく少し調味料を零しただけで染みになってしまった

など悔やまれる方も少なくはありません。

では後悔しないキッチンリフォームのコストダウンはどのようにすればいいのでしょうか?

それはキッチンの機能は出来る限りグレードダウンを避け、その分扉やデザインなど機能にあまり関係のない部分で予算調整を行えばリスクを減らすことができます。

洗面所リフォームを後回しにすると?

洗面所は、水回りの中でも結構後回しにされがちな空間です。

理由としてはキッチンや浴室などのリフォームが先行され、その際に予算の大半が費やされ、洗面所まで手が回らないといのが現状なのです。

また、リフォームされたとしても、洗面台の交換・クロスの張り替え・クッションフロアーの張り替えだけになってしまうことが多くあります。

ここで考えてみて下さい。

洗面所は単に顔を洗う場所ではないのです。洗面所はパウダールームや脱衣室・洗濯室と家事作業室となる部分です。また、家族全員が使う多機能ルームでもあるのです。

このように多機能で使える空間をコストダウンのためだけにケチってしまうと、家族全員の暮らしにダイレクトに響いてくるのです。

スポンサーリンク

リフォーム費用で後悔している?

リフォーム工事でよくあるのが見積書に記載されている金額です。一般の方は「見積金額=全てOK」という考え方です。ここで注意して頂きたいのが別途工事という文字です。

別途工事とは見積金額に含まれていないということですので、例えばガス工事別途・電気工事別途と記載されている場合、リフォーム工事の流れで電気工事あるいはガス工事が必要となった場合、その工事をしてもよいか聞きにきます。

大半の方はOKという返事をしますがここで大きな落とし穴あるのです。工事をしても良いか聞きにくるということは費用が別途に掛かるという意味でもあります。

費用が掛かる工事について業者は勝手には行いませんので必ず同意を得にきます。同意を得た時点で費用を払ってくれると解釈し工事を行います。これが追加工事と呼ばれるもので、費用面では追加費用と言われるものです。

この別途工事を見落としてしまうことで争いの種にもなりますし、費用負担が発生しますので注意が必要です。

次によくあるのが、工事内容です。先ほども言いましたが予算オーバーにならないために機能を落とすあるいは選ばないといったことがあります。

しかし、これが命取りとなり今後の生活する中で 不自由になってしまうことがあります。

また、設備の他に建材関係もあります。あとでグレードを上げておけばよかったと後悔される方も少なからずいるのも事実です。

最後に見積金額です。合い見積もりを取って、一番安い業者に依頼するのが通常ですが、この相見積もりを上手く利用できなかったという方も多くいます。

一番安い業者だと思って依頼したものの、「これは工事に含まれていません」などと言われ、結局一番高い業者の金額と同じになってしまったという事例も少なくありません。

近年、インターネットの普及で地元の業者ではないところに工事を依頼される方も多くいますが、この場合、よく見積書を見て検討されることをおすすめします。

まとめ

リフォーム工事は思わぬところに落とし穴があるものです。

予算オーバーだからといって必要な機能を削る、あるいはランクを落とすといったことをしてしまうと、自分はもとより家族全員が不自由な暮らしをしなくてはならいこともあります。

また、見積書は最低でも3社から取るようにすることが大切です。インターネットを活用されることは良いことですが、その際にも地元の名の通った業者にも見積もりを依頼するのが望ましいでしょう。

この記事が今、また将来リフォームを検討中の方に少しでも参考になれば嬉しく思いますし、失敗しないリフォームのための参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています