今回はほぼ全てをリフォームするのと新築ではどちらがいいのか。色々な面からみていきます。

スポンサーリンク

フルリフォーム(リノベーション)とは

リノベーションという言葉を一度は耳にされた方は多いと思います。ところでリノベーションとはどういう意味なのでしょうか?

リノベーションとは、マンションならコンクリートむき出しの状態(躯体だけにしてしまう)、戸建て住宅なら親柱や間柱、棟だけの状態まで解体してしまいます。

そして、現在のライフスタルに合わせた間取りや素材などを予算内に収まるように上手く組み合わせていき、満足度の高い住まいを造ることをいいます。このとき、旧耐震基準で建てられている住まいは身体基準に合うように補強を施していきます。

ここまで解体してリフォームするなら、新築住宅や建て替え工事をした方が良いのではないかと、疑問に思う方も少なからず居ると思います。

費用面においての比較

新築にするかフルリフォームするか迷っている方が多くいます。その迷っている方の大半が築35年以上経過した住まいです。築35年以上というと昭和56年で、この年の6月以前の建物は旧耐震基準の建物なのです。

またこの築年数の建物を保有されている方は団塊の世代と呼ばれる方で、ローンを払い終わっているか退職金の一部を返済に充てている方が多く居ます。

ところで、住まいをリフォームした場合、サッシ周りのリフォームで約300万円~400万円、間取りの変更、天井・床・壁・水回りなどの設備機器の交換などフルでリフォームした場合、1,500万円以上はかかってきます。

そこに解体費用が発生しますので2,000万円以上はかかります。さらに基礎の老朽化などが加われば追加費用が発生しますので、費用はどんどん高くなることがあります。

一方、新築にした場合、本体工事・外部の付帯工事を併せて一般的な工務店に依頼した場合、坪単価50万円~60万円で施工してくれますし、今流行りのローコストビルダーに依頼すれば、40万円~50万円で建てることができます。

そこに解体費用を付加しても2,000万円以下で新築の住まいを手に入れることができます。

スポンサーリンク

よくある勘違い

よくある勘違いが、住まいを新築するよりもリフォームした方が安く抑えることができると思っている方が多くいるということです。

先ほども言いましたように、リフォームの場合、思わぬ追加工事が出ることが多々ありますので、費用を抑えるということが難しいのです。

その点、新築の場合は、基礎から建てていきますので、思わぬ追加工事が出るということがありません。間取りに至っても、設計段階で希望を告げておくと思った通りの間取りに仕上げることができます。

リフォーム、新築は今後のライフスタイルで決める

フルリフォームにしても、新築にしても今後のライフスタイルで決めることが大切です。例えば、現在の年齢・家族構成・資金といったことを考えながら検討することをおすすめします。

つまり、今後この住まいはどうなるのかを考えることが大切で、夫婦2人の終の棲家とするのか、子供に継承してもらうかのかといったことも判断基準になってきます。

何度も言っていますが、プチリフォームなら安く抑えることが出来ますが、フルリフォームとなると費用は相当かかると思っておいて下さい。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています