ローンを利用するにあたって気になるのが「審査が厳しいかどうか」ということ。

 

今回は住宅ローンと比較しながらリフォームローンの審査についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

住宅ローンとリフォームローンとの比較

住まいの購入、あるいはリフォームによる改築や改装などを検討する際に必要となるのが資金の調達法

 

多くの方は住宅ローン・リフォームローンを利用されることと思います。

 

住宅ローンやリフォームローンを比較検討する際は、金融機関によって金利や優遇制度などが違いますので、しっかりと調べるようにしましょう。

 

さて、金融機関を決めたら申し込むわけですが、ローンを申し込んでもそう簡単には貸してもらえません。そこで待っているのがローン審査や手続きなどです。

 

住宅を購入する場合に利用する住宅ローンでは、「多分大丈夫でしょ!」と楽観視している方が多いかもしれません。

 

しかし、実際にはそうは甘くはないのです。

 

現在は低金利時代と言われる程、金利が低くなってきています。預貯金の金利が低いのと同様、貸付に対する金利も下がっています。

 

つまり、それだけ銀行などの金融機関にとって利益が出にくい状態だということです。

 

住宅ローンなどの一般消費者を相手にする商品の場合、住宅ローンの焦げ付き(返済不能に陥ること)をカバーできるほどの余力がほとんどないと言うのが現状なのです。

 

審査基準を徐々に厳しくし、優良な方のみの貸付に移行している傾向にあります。

 

ただリフォームローンを利用する場合は少し話は別。

 

新規に住宅を購入する方を対象とした住宅ローンに比べ、リフォームローンを利用される方はすでに住まいを所有しているなど一定の資産を所有しています。

 

そのため、リフォームローンの審査基準は新規の住宅ローンよりも緩和されている、つまり審査に通りやすいと言えるでしょう。

 

また、リフォームは住宅を購入するのと比較して、そこまで大きな金額を必要としない、ということも審査に通りやすい理由になっています。

スポンサーリンク

ローン審査の基準とは?

信用情報握手

リフォームローンや住宅ローンを借りる場合、過去の借入暦をチェックされます。この目的はローンを組んだ際にきちんと返済してくれるかどうかを調べるためです。

 

この調査に必要な情報源が個人信用情報です。銀行・信販会社・消費者金融といった主な金融機関同士で共有して閲覧できるようになっています。

 

過去にカード事故や返済を怠ったことが判明すれば、ローンを受けることが難しくなってしまい、万一借り入れができたとしても金利も相場より高く設定されてしまうことが多くあります。

 

昔は、勤務先や職種によって有利になっていましたが、最近では勤務先や職種などは審査の項目から外しているという金融機関も多くなりました。

 

その理由は「大手だから安心できる」「中小企業だから心配」といった線引きをするのが非常に難しいからです。

 

例えば一流企業の倒産、大手家電メーカーの大規模なリストラ、身売りなどが最近話題になっていますし、逆に中小企業が開発した機器が宇宙開発に大きく貢献しているといったこともあります。

 

そこで重要視されるのが勤続年数。「長く勤めている=返済能力がある」といった考え方です。しかし最近「勤続1年以上でもOK」といったものも増えてきています。

 

この背景にあるのがヘッドハンティングや転職です。

 

優秀な人材はどこの企業でも喉から手が出る程欲しいもの。こういった場合は数年で転職していても支払い能力があると判断されるわけですね。

 

収入面においては、借入額や物件によって異なりますが、収入が多いから大丈夫、逆に少ないから心配といったことはありません。

 

問題なのはやはり安定性。正社員や公務員といった方はやはり評価は高いです。

 

ただし、これらの項目をクリアしてもローンを利用できない場合があります。それが団体信用生命保険(通称:団信)に加入できるかどうかです。

団体信用生命保険(通称:団信)への加入

団体信用生命保険とは住宅ローンの返済中に住宅ローンの契約者が亡くなったり、高度障害になった場合、契約者に代わり生命保険会社がローンの残高を支払ってくれる制度のこと。

 

この団体信用生命保険に加入することができないと、住宅ローンやリフォームローンを利用することが出来ない場合がありますので注意が必要です。

 

団体信用生命保険は通常のリフォームローンでは加入の必要はありません。

 

しかし例えば「住まいを丸ごとリノベーションする」といった場合ではかなりの金額になるため、リフォームローンだけではまかなえないことも。

 

そんな時に、リフォームの規模(金額)によってはリフォームローンを住宅ローンと同等に扱う金融機関もあり、団体信用生命保険の加入が必要となる場合あります。

 

こうしたローンの審査に通るかどうか、という要素も踏まえながら、自分が受けるローンの額や種類を検討していくことが大切になってきます。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています