まとまったお金がない場合、リフォームローンが通らないとリフォームを行うことができません。今回は審査に通らない理由について考えてみましょう。

スポンサーリンク

リフォームローンの概要

当然ですが、リフォームを行う際に必要になってくるのがお金です。手持ちにまとまったお金があれば何の心配もなくリフォームを行うことが出来ますが、多くの方はそのような余裕は無いと思います。

よく、定年後に退職金でリフォームを行いますが、公的年金の減額化が叫ばれている今、退職金をリフォーム資金に当てるという方も少なってきました。そこで、考えるのがリフォームローンです。

リフォームローンを利用する際にも、住宅購入時に利用する住宅ローンと同様に一定の審査をクリアしなければいけません。つまり審査が通らなければ融資を受けることができないということです。

しかし、住宅ローンと一つ違う点は、住宅ローンの場合は新たに住宅を取得するの対し、リフォームローンの場合は既に住宅を所有しているということです。

一定の資産を保有していますので、新規の住宅ローンに比べて若干緩和されているところもあります。(注意・具体的な審査基準や優遇処置などは各金融機関で異なってきますので詳しくは最寄りの銀行・公的機関等にご相談下さい)

スポンサーリンク

リフォームローンが通らない理由

住宅ローンを申し込んだ際にはすんなり審査がクリアされたのに、リフォームローンを申し込んだ際にはクリアしなかったという方も少なからずいると思います。

その理由の一つとして、住宅ローンを申し込んだ際の年収や就労状況などが異なっている、あるいは新たに他にローンの借り入れがあるといった場合には、希望する融資金額で融資を受けられなかった、あるいは審査そのものに通らないということがあります。

よくあるのが、他の金融機関での借り入れです。以前は住宅ローンやリフォームローンは他の借入とは別とされていましたが、近年、他の借り入れも対象となっています。

具体的な例として、カードローンはもちろんですが、マイカーローンや教育ローンなども対象となっており、年間の返済額合計が年収の3分の1以下となっていますので、この手のローンで審査が通らないという方も増えてきているのも事実です。

リフォームローンの審査基準

リフォームローンの審査基準ですが、具体的なポイントは、年齢・勤務先・勤続年数・年収などの属性に加えて、他の金融機関(銀行・信販会社・ノンバンクなど)からの借り入れなどの個人信用情報が対象となります。

住宅ローンよりは緩和されており、勤続年数は1~2年で可能で年収も200万円以上あれば審査には通りますが、借入金額も影響しますのでご注意下さい。

審査の期間ですが、無担保と有担保では審査期間が異なります。無担保ローンの場合は当日あるいは翌日には審査の結果を伝えてきます。しかし有担保ローンの場合は、申し込みの日から約1週間程度の日数が必要となります。

無担保ローンの場合、審査結果通知が早い分、金利も高く設定されています。一方、有担保ローンの場合、借入金利を低く設定されていますが抵当権の設定などの費用が発生する場合があります。しかし、無担保ローンに比べて審査が緩やかと言えるでしょう。

ここで述べたことは、ごく一般的なことで、各金融機関によって審査基準や内容が異なる場合があります。詳細はお近くの金融機関の窓口で尋ねてみて下さいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています