家のリフォームを行う際に、全てを自己資金でまかなうことが出来るという人は少ないと思います。現実には程度の差こそあれ、リフォームローンを利用する人が大半です。

とはいえ、人生でそう何度もリフォームローンを借りる場面があるわけでもなく、今回初めてリフォームローンを借りるという方も多いと思います。

そこでこの記事では、リフォームローンを利用する時のメリットやデメリット、注意点についてお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

リフォームローンを利用するメリット

スーツの女性1

リフォームローンの最大のメリットは担保がいらないということです。しかし、これは手続き上のことであって実際には家が自動的に担保扱いになりますので、担保があるものとしてローンを利用するということになります。

そのため、ローン審査においても自己所有の住居を持っているということが重視されますので審査が通りやすいと言えます。

またリフォームローンは住宅ローンと違い、審査の期間も融資が実行される期間も短いです。

リフォームローンを利用されようとしている方は、現在の住まいを購入する際に融資を受けられた方が多いと思いますので、よくご存知のことかと思いますが、住宅ローンは審査も厳しく、審査に通ったとしても融資が実行されるまでの期間も長かったと思います。

一方で、リフォームローンは比較的審査もやさしく、短期間で借り入れることが出来るようになっています。

この理由として、先ほども言いましたが、リフォームをするということは住まいを所有しているということです。つまり、それだけの資産を持っているということで、信頼度が高く審査も早いということです。

担保を必要とせず、審査も比較的通りやすく、短期間で借り入れることが出来るのがリフォームローンのメリットであると考えられます。

スポンサーリンク

リフォームローンのデメリット

悩むビジネスマン

一方で、良いことばかりではありません。リフォームローンの一番のデメリットは、融資限度額が低いということです。

各金融機関により若干異なりますが、一般的に限度額は500万円を上限としています。特にメガバンク(旧都市銀行)においてはこの傾向が強いと思われます。

ただ500万円あれば、大抵のリフォームは可能だと言われています。浴室やトイレ・キッチンといった部分的なリフォームは可能ですし、屋根瓦の葺き替え、壁の塗装なども可能です。

しかし、梁(はり)と棟(むね)だけを残して壁や天井などを解体してしまい、大掛かりな改装を行った場合、解体費用や引っ越し費用、仮住まいの費用などの諸費用や、本体工事に必要な建材・設備や設備什器費用、人件費などを合わせると500万円では到底出来るものではありません。

このことを考えると、リフォームローンでの借り入れ金にのみ頼ったリフォームをする場合、単にリフォームをするということではなく、500万円未満で収まるようなリフォーム工事しなくてはならないということになってくるのです。

リフォームローンの返済期間においても注意が必要です。住宅ローンの場合はフラット35のように最長35年ローンを組むことができますが、リフォームローンの場合、最長でも10年という金融機関が多くありますので返済計画をキッチリと立てる必要があります。

リフォームローンを活用する場合は融資額が限られているため、とくにリフォーム工事の予算をきちんと見積もり、予算内に収めるということが大切になってきます。

融資限度額以上の工事を行う場合は

金融機関が定める融資限度額内で収まらない場合にはどうすればよいかということですが、住宅ローンに切り替えるという方法があります。

つまり、土地や建物を担保にお金を借りるということです。早い話が無担保ローンから有担保ローンに移行するということです。

しかし、有担保ローンの場合でも、必ずしも希望の金額が借りられるとは限りませんので注意して下さい。

なぜなら、土地や建物は現況のままで査定を行いますので、融資希望金額以上の資産価値がなければ希望金額に到達しないという事になります。

融資額は査定金額の70%~80%となりますので、たとえば、1500万円必要な場合、資産価値が1500万円だとすれば1050万円~1200万円が融資限度額となります。

リフォームを行う場合、現在の資産価値も十分に把握しておく必要もあり、どれだけの金額を確保できるのか、手持ち資金もいくらまでなら使うことができるのか、返済計画はどうなのかを希望するリフォームの見積書と見比べて十分検討する必要があります。

また、リフォームする箇所によっては予想以上の金額になる場合がありますので、それらも念頭に置いて計画を立てるようにして下さい。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています