リフォームローンの借り方には、有担保と無担保の2種類のやり方があることをご存知ですか?リフォームに関しては、大抵の場合は無担保なのですが、より大きな金額が必要な場合、有担保を選択することも出来ます。

この記事では有担保と無担保の違いについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

リフォームローンでは有担保・無担保どちらがお得?

基本的にはどの金融機関でも同じですが、リフォームローンにおいて担保は必要ありません

住宅ローンと違いリフォームローンの場合、現在暮らしている住まいがあるため、それだけの資産を有しているとみなされるからです。

ただリフォームローンにも担保型と無担保型とがあります。住宅ローンでは必ず担保として購入した物件の登記簿謄本に金融機関などの所有権登記が行われます。

これは大きな金額の取引になりますので、万一の場合を考えての処置と言えるでしょう。

しかし、リフォームについても工事内容によっては多額の資金が必要となることもあります。

金融機関によっては限度額を500万円までとしているところもあり、それ以上の金額が必要な場合は、住宅ローン扱いとしてローンを組むこともあります。

また地方銀行においては限度額を1,000万円としているところも多くあり、担保も不要というところが多くあります。

以上から有担保・無担保のどちらのローンを利用するか、ということについては、リフォームの際に必要な借り入れ金額が多いか少ないかによって変わってきます。

つまり、より多くの金額を借り入れたい場合は、担保が必要になってくるというわけです。

その境目は、例外はあるものの、およそ500万円程度であることが多いようです。それより少ない金額で済む場合は、無担保ローンで十分に借り入れすることが出来ます。

しかし一方で、500万円以上の借り入れが必要になってきた場合、有担保ローンが視野に入ってくるということになります。

スポンサーリンク

有担保ローンの概要

家と計算機

有担保ローンとはその名の通り担保が必要なリフォームローンであり、ローンの仕組みは住宅ローンとほぼ同じ内容となっています。

また、有担保ローンは無担保ローンに比べて金利が低く設定されていますし、借入限度額が3,000万円という金融機関もあります。

こうしてみると、有担保ローンのほうが無担保ローンに比べて有利に思われる方が多いと思います。しかし、有担保ローンの場合、当然のことながら担保が必要となります。

融資額に見合うだけの預貯金があれば話は別ですが、一般的には現在住んでいる家屋を担保に入れることが主流となっており、その家屋の査定額が低い場合、希望する金額を融資してもらえない可能性があります。

また、有担保ローンは住宅ローンと同等の仕組みですので、保証料・手数料・抵当権設定登記といった諸費用が多く発生しますし、それにともなう手続きや書類も当然のことながら多くなってしまいます。

無担保ローンの概要

無担保ローンは、文字通り担保なしで借りられるローンのことで、借入条件は、有担保ローンに比べて比較的緩くなっています。

また有担保ローンのように審査も長引くということもなく、金融機関によっては、その場で審査が完了することもあります。

しかし、無担保ローンの場合、金融機関や個人情報にもよりますが、担保がありませんので融資の限度額は500万円前後に設定している金融機関が多く、大規模なリフォーム(改装・改築など)をしたい場合には向いていません。

さらに、有担保ローンに比べて金利の設定が高く、返済期間も10年未満と短いという特徴があります。

ノンバンク系の無担保ローン

小規模なリフォームで費用も比較的安い場合は、銀行で借り入れをするより、クレジット会社などの信販会社などから借り入れをする方が早く借り入れができることがありますが、金利は銀行に比べると高い場合が多いです。

しかし、短期間で完済するような借入の仕方をすれば、銀行で借り入れをするよりも安くなる場合もありますので、検討してみる価値は十分あると言えるでしょう。

無担保ローン・有担保ローンいずれも場合も十分に検討して、どれくらいの費用が必要なのかを把握し、余計な借り入れはしないことが大切です。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています