今回はリフォーム、リノベーション、コンバージョンの違いについてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リフォーム・リノベーション・コンバージョンの違いとは?

リフォーム・リノベーション・コンバージョンのすべてに共通するのは、現在ある住まいあるいは建物を古いモノから新しいモノへと変えるという点です。

これらの違いは、工事の種類と性格にあります。つまり…

  • 単に古くなったから入れ替えるのか
  • 新しいモノに入れ替えたと同時に性能もアップさせるのか
  • 全く違う用途に生まれ変わらすのか

ということです。

それではそれぞれのメリットやデメリットについて説明していきましょう。

リフォームとは?

日頃から皆さんもよく耳にするリフォームですが、これは基本的に古くなった建物を元(新築)の状態に戻すこと。特に、内装や外装を改装することを意味します。

厳密に定義されているわけではないのですが、リノベーションやコンバージョンに比べると、少し簡易的な補修や、ちょっとした改修、という意味で使われています。

あくまで修復といったイメージですね。

リフォームは、近くの工務店やリフォーム業者・ホームセンターのエクステリア部門に依頼して工事を進めていきます。

具体的には…

  • 部屋の模様替えのためにクロスを張り替える
  • 雨漏りがするので修繕してもらう
  • キッチンや浴室が古くなったので、取り替えるあるいは修理や補修をしてもらう
  • 窓ガラスをフロートガラスからエコガラス(Low-Eや複層ガラス)に取り替える
  • 耐震の補強工事を行う
  • 手すりや段差解消などのバリアフリー工事を行う

といったものが挙げられます。

リフォーム工事のメリットは、手軽に行えるものが多くあることです。その反面、小規模な工事であっても意外と金額が高くなってしまうことがあります。

また金額が高いことから、悪徳商法や詐欺まがいの工事が多く発生しているということも事実として知っておきましょう。

なのでリフォームを行う場合、近くの工務店あるいはリフォーム会社に見積もりを依頼してから工事を始めるようにして下さい。

間違っても訪問販売などのような業者に依頼することは避けてくださいね。

もちろん全てが悪い業者ではありませんが、見極めが難しいため、手を出さない方が無難です。

スポンサーリンク

リノベーションとは?

リフォームはあくまで新築時の状態に戻すもの。しかしリノベーションは、簡単に言えば今ある建物に手を加えて新しくし、なおかつ機能も向上させること

リフォームが新築時の状態を復元することを目指しているのに比べて、リノベーションでは新築時点の建物以上の性能を目指すところが異なります。

リフォームがちょっとした改装に留まっていたのに対して、リノベーションではより本格的に、建物の構造も含めて改修工事を行っていきます。

表面だけでなく、中身まで変えてしまうわけです。よって、リフォームよりも大規模な工事になります。例えば…

  • 水道管や排水管を交換する
  • 壁を取っ払ってリビングを広くする
  • 壁の補修だけでなく断熱性能も高める

などがあります。

修復だけにとどまらず、新たな付加価値をつけ、自分らしさの住まいを造るといった感じですね。

リノベーションのメリットとしては

  • 自分のライフスタイルにあったものにプランニングすることができる
  • 新築と比較して費用を抑えることができる
  • 資産価値をアップさせることができる

などが挙げられます。

一方デメリットとしては

  • 住むまでに時間がかかる
  • 新築とは違い現在の資産価値で判断される
  • 住宅ローンを組むときに限度額に制限が生じることがある

などがあります。

スポンサーリンク

コンバージョンとは?

コンバージョンとは、直訳すると「転換・改造」といった意味です。これを建築に当てはめると、建物の用途を変えるという意味で使われています。

つまり、単に改修工事を行うだけでなく、建物の使いみち自体をガラリと変えてしまうわけです。

そのため、通常はリフォームやリノベーションより、コンバージョンの方が大掛かりな工事を伴います。

例えば…

  • オフィスビル → マンション
  • 廃校 → 介護施設

などといったように、建物の用途を大きく変えてしまうような改修をコンバージョンと呼びます。

他にも古民家再生というのもこの部類に当てはまります。古民家を買い取り田舎暮らしする傍ら、古民家を改造してレストランや喫茶にする。あるいは民宿を営むといった感じです。

まとめ

一般的な工事となるとリフォームあるいはリノベーションが多く用いられています。

コンバージョンは一般の方というよりもむしろ不動産業者あるいは建設会社が主に手掛けている工事であり、一般の方が行うことはあまりないかもしれません。

そこでどれを行うですが、自分は「現在の住まいあるいは購入した物件をどのようにしたいのか」と言う基本理念をハッキリしておくことが大切です。

古くなったので取り替えたいが性能は現状のままで良いというならリフォーム。自分らしい暮らしを送りたい、性能をアップしたいというのであればリノベーションということになります。

参考にして頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています