お湯を沸かしている時やお風呂にお湯を張る時に時間が掛かり過ぎたり、設定温度にならなかったりしていませんか?

また、以前よりもガス代や水道代が上がっているということはありませんか?

こうした光熱費やお湯にトラブルが発生した場合、給湯器が劣化しているということが考えられます。

そこで今回は、エコジョーズとエコキュートについて考えていきましょう。

スポンサーリンク

エコジョーズとは

エコジョーズとは、エネルギーの消費量を抑えるために開発された給湯器のことで、各ガス機器メーカーでは、二酸化炭素の排出量を減らすためにエコジョーズを推進しています。

エコジョーズは従来の給湯器に比べて約15%の二酸化炭素をカットしますし、二酸化炭素だけでなく電気エネルギーの削減にも貢献しています。

エコジョーズの特徴

エコジョーズは、ガスだけでなく廃熱を利用することで水を温めます。そのため、従来の給湯器と比べて効率よくお湯を沸かすことがでます。また、お風呂に入って追い炊きをする場合でも、廃熱を利用します。

そのため熱効率がよく、従来の給湯器だと熱効率は80%程度だったのですが、エコジョーズだと95%と効率よく給湯することができます。

エコジョーズはお財布に優しい給湯器であるとともに環境にも優しい給湯器であり、二酸化炭素の排出量を13%削減します。

そのため1年間使ったとした場合、杉の木18本分が1年間に吸収する二酸化炭素と同じ量を削減することができるのです。

エコジョーズの良い点は十分理解できたものの、設置する場所がと頭を抱える人が少なからずいるかもしれません。

でも心配ご無用。エコジョーズは従来型と同じ場所に設置することができますので、特別に場所が必要になるということはありません。ただ特殊な排水を必要としますので工事が必要となります。

また設置場所や取り付け位置によっては追加費用が発生する場合がありますので注意して下さい。

エコキュートとは

エコキュートとは、空気中の熱を集めて生活に必要な熱エネルギーに換えるヒートポンプ技術を活用した環境配慮型給湯器のことで、エアコンの要領を給湯器に生かしたものです。

エコキュートは夜間の電力で効率よくお湯を沸かしますので光熱費を抑えることができます。また、ガス給湯器のように火力を使いませんので二酸化炭素の排出量を極端に抑えることができますし、安心でしかも快適です。

エコキュートの特徴

エネルギー効率に優れたヒートポンプを採用していますので、少しの電気エネルギーで最大3倍の熱エネルギーをえることができます。つまり、従来の給湯器でしたら1=1となりますが、エコキュートは1=3となります。

またエコキュートには学習機能がついていますので、過去の使用量を元に一日に必要な貯湯量を考えて運転してくれますし、万が一1日の使用量が多くなっても沸かし直しが可能ですので安心です。

お湯をタンクに貯めてそれを使いますので、お風呂とキッチンを同時に使っても安定した湯量を確保することができます。

スポンサーリンク

エコジョーズとエコキュートを比べてみよう

前述のようにエコキュートとエコジョーズは、仕組みや見た目が全く異なります。

エコジョーズの良い所は、設置場所を選ばないということです。また、必要な時に必要な分だけお湯を沸かすことができます。

一方エコキュートは、深夜電力を使って1日分のお湯を沸かしますので、2ヶ所同時に使っても湯量は変わりません。

ただし、エコキュートの場合、ヒートポンプユニットと貯蔵タンクを設置しなくてはいけませんので、ある程度の場所が必要となりますので設置場所が限られてきます。

そしてエコジョーズとエコキュートの決定的な違いは、お湯を沸かすときに用いる熱源です。

エコキュートは電力でエコジョーズはガスを用います。

またエコジョーズの場合、瞬間湯沸かし式のため「必要な時に必要な分だけお湯を沸かして使う」というものになりますので、エコキュートに比べて放熱ロスが少ないのも特徴です。

どちらが効率的?

省エネルギーで環境にも優しいというのはどちらも甲乙つけがたいですが、住まいをどちらの方向にするかで給湯器の種類が変わってきます。

つまり、オール電化住宅の場合だとエコキュートを採用することにより効率的に省エネを実現することができますし、オールガス住宅の場合だと、エコジョーズの方が向いていると言えます。

どちらが良いのかは、住まいのあり方や家族構成によってい大きく左右されますので、現在の暮らし方や家族構成をよく把握して検討することをおススメします。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています