よくテレビなどでオール電化という言葉を耳にしますが、一体オール電化とはどういうものかご存知でしょうか?

この記事ではまずオール電化リフォームについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

オール電化リフォームとは

オール電化とは、家庭内で用いるエネルギー(電気やガスなど)を全て電力にするためのものです。

オール電化は省エネに適しており、地球にやさしいと言われています。しかし、オール電化の普及率は伸び悩んでいるのも現状です。つまり、もう一歩踏み込めないという方が多くいるということです。

その理由として、「オール電化にするための工事が大掛かりでは」「本当に光熱費が安くなるの」といった不安の声を耳にします。

オール電化にリフォームにより、ガス給湯器はエコキュートという電気給湯器になります。またキッチンも調理器具がガス器具からIHクッキングヒーターに変更となります。

冬の暖房についてもガスストーブやガス温風器といったものからエアコン・床暖房といったもので暖をとることになります。

エコキュートとは

エコキュートと聞いても何のことだか分からないという方も少なからずいると思いますので、簡単に説明しておきます。

エコキュートは、大気の熱を利用してお湯を沸かすヒートポンプ給湯器のこと。

エコキュートにした場合にも電気は必要ですが、電気料金が最も安くなる夜間を利用して1日分のお湯を沸かしてタンクに貯湯しておき、このお湯を日中に使うというシステムになります。

このとき、電力消費がピークとなる昼間に電気を使うことなく節電することが可能となりますので、電気料金の節に約繋がるというわけです。

スポンサーリンク

オール電化にするための費用

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e8%b2%bb%e7%94%a8

オール電化に必要不可欠なエコキュートにするのに、本体が40万円~70万円、工事費が15万円~20万円、キッチンの調理器具を交換するのに、IHクッキングヒーターの本体が15万円~30万円、工事費が5万円~10万円、電気式の床暖房にするのに、床暖房の床材が40万円~65万円、導入工事費が10万円~15万円かかります。

これらを全て合わせると、125万円~215万円となります。この内、床暖房がいらないという方はその費用を引いて頂いて構いません。

ただ、住まいの大きさによっても金額が増減しますし、設置する器具などでも大幅に金額が違ってきますので、あくまで目安として下さいね。

オール電化に要する期間は

全ての工事を同時行うと、5日~10日くらいの期間は必要とします。これは費用と同様あくまでも目安ですので多少前後する可能性があります。

オール電化リフォームを行う際は、単独ではなく太陽光発電システムの導入を検討してみて下さい。また、住まいの断熱性・遮光性なども視野に入れることをおすすめします。

太陽光発電システムは住まいの電気を自分で作るといったものです。しかし、冬場や梅雨時などは日照時間が短いですので、足りない分は深夜電力を利用し、逆に夏場など日照時間が長い時期などは、余った電気を電力会社に売ることができます。

オール電化リフォームを検討する際には太陽光発電システムの導入も検討することをおすすめしておきます。

リフォームする前に読んでおきたかった…

「これを読んでいれば騙されなかったのに…」

リフォームで失敗した人に見せると口を揃えて言います。それがリフォームの虎の巻である「青本」と「赤本」です。

悪徳業者に騙されないためにも、いざその時になって慌てないためにも、目を通しておくことをオススメします。

今はリフォームの必要がない人も、いずれ必要になる時が来ます。青本と赤本で得た知識は必ず役に立つはずです。

請求はわずか1分で完了。在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひ今のうちに無料で手に入れてください。

優良工事店ネットワーク公式サイト:https://ykn.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています