今回はフルリフォーム物件についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

フルリフォームとは

住まいを手に入れる際に誰しもが思うのは、「極力お金をかけずに綺麗な住まいを手に入れたい」「新築にも負けないくらいのお買い得物件がほしい」というものです。

このような要望に応えられるのが、フルリフォーム物件です。つまり、リノベーションが終わり、デザインから設備機器まで全て入れ替えてある物件です。

中古物件でよくあるのが、プチリフォーム物件です。たとえば、クロスが張り替えられている、キッチンが新しくモノに入れ替えられているなどですが、これらは元の住人が住まいを売る際に施されたリフォームが多くあります。

しかし、フルリフォーム(リノベーション)の場合は、不動産会社が自社物件を販売するために行われることが多くあります。

フルリフォームの魅力

フルリフォーム済(リノベーション)の物件の魅力は、フローリング(クッションフロアー)やクロス(壁紙)、キッチン、浴室、洗面所など全ての設備機器が取り替えられています。

また、戸建ての場合は、外壁や屋根まで葺き替えられていることが多くありますので、新築同様の住まいを手に入れることができますし、価格も新築物件よりも格安で購入することができるのです。

つまり、中古物件を購入してリフォームすることを考えれば格段にお得ということになります。

また、フルリフォームの場合、以前住んでいた人の面影が全くなく、新築同様に自分の住まいとして受け入れることができるのも魅力の一つですね。

スポンサーリンク

フルリフォーム物件を購入するにあたり

フルリフォーム物件の場合、何も手を加えることなく住まうことができますが、自分の好みにリフォームすることができないというデメリットもあります。

また、無理に自分好みにリフォームした場合、リノベーション済物件や中古物件よりも高くなってしまうことが多々ありますので要注意です。

フルリフォーム物件を購入する場合に注意しなければいけないのが、その住まいの資産価値です。立地条件・築年数・周りの環境などによって資産価値が変わってきます。

特に気をつけなくてはいけないのが、築年数です。この築年数によって耐震基準が大きく変わってきます。リノベーションによって耐震補強もされているなら問題はありませんが、もし耐震工事がなされていない場合は、耐震補強工事をする必要があり、莫大な費用が掛かることもあります。

戸建ての場合は、土地価格によって資産価値が変わってきますので、そう案ずることはありませんが、中古マンションの場合、たとえば2,500万円で購入したのに、実際の資産価値は1,500万円しかないということも実際に起こっています。後悔先に立たず。購入前にしっかりと確認する必要があります。

フルリフォーム物件を選ぶポイント

立地条件や周囲の環境も大切ですが、一番大事なことは、自分のライフスタイルに合った物件を選ぶということです。いくら格安で新築同様の物件を手に入れても、住み心地が悪い、あるいは使い勝手が悪ければ安物買いの銭失いになりかねませんので注意して下さい。

また、職場や学校、買い物などのアクセスは容易に行えるかも重要なポイントとなります。特に小学生のお子さんをお持ちの方は通学路の安全性を確認することをおすすめします。

家やマンションを購入する際は、建物だけでなく、周囲の環境も含めて十分検討するようにしてください。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています