トイレをリフォームするにあたっては、いくつか落とし穴が存在しています。床材の種類やタオルかけの位置、トイレ自体の大きさとトイレスペースの広さとのバランスなど、気をつけるべき点は多々あります。

トイレリフォームの注意点をあらかじめ把握することで、失敗しないトイレリフォームを行いましょう。

スポンサーリンク

床材には注意が必要

トイレのリフォームを行うにあたっては、トイレは水回りだ、ということを念頭においてリフォームをしなくてはいけません。つまり、トイレも洗面所もキッチンも、水回りであるという点では同じだ、ということです。

トイレは毎日使う場所でもあり、時にはお客様も使う場所でもあります。そのためか、トイレを美しく豪華に見せようとして、床材に無垢材を使われる方もいます。実は、これで失敗してしまう方がほとんどなのです。

用を足すときに、座って行うのであれば何の問題もありませんが、立って行う場合に問題が発生するのです。

立ってした場合、しぶきが周りに飛び散り、床についてしまう事があります。これが無垢材の床材についてしまうと、黒い染みとなって浮き出てしまうのです。

こうなると、拭いただけでは取ることはできず、表面を削るなどの処置が必要になってきます。

そこで、トイレの床材選びで失敗しないためには、防水性はもちろんのこと、塩素やアンモニアにも強い素材を選ぶ必要がでてくるのです。

タオルの位置にも注意

最近、タンクレス便器が人気です。しかし、間口の広さの関係でタンクレス便器の取り付けができないことがあります。

その場合、手洗い付タンクを設置しなくてはいけません。そこで考えなければいけないのが、タオル掛けの位置なのです。この位置を間違えると、便座や床が水で濡れてしまい、後から使う人が不快になってしまうことが多々あります。

トイレの便座や床が濡れていると、たとえそれが水だと分かっていても、気持ちいいものではありませんよね。

タオル掛けを設置する場合は、タンクに近い位置で、座ったときに邪魔にならないように設置しなくてはいけません。タイプによっては、手洗いの下にタオル掛けが付いたものがあるので、そういったタイプを選ぶのも良いでしょう。

スポンサーリンク

トイレ空間は余裕を持って

トイレリフォーム知識

トイレは単に用を足す空間ではなく、時として考え事をするのに適した場所だとも言えます。そこで、少し大きめのゆったりとした便器を選ぶと良いのでは、と思いがちです。

しかし、広い空間ならそれでも良いのですが、ほとんどの場合、トイレのスペース自体、それほど余裕が無く作られている場合が多いのです。

あまり大きな便器を導入すると、身動きがとれなくなり、余計に窮屈な空間となります。トイレの便器を選ぶ際には、トイレを設置する空間の広さに合わせたものを選ぶようにして下さい。

トイレ空間を快適にする

トイレ内にも、色々なモノが溢れています。たとえば、トイレットペーパーや生理用品、タオル、洗剤といったものです。こうした細々としたものを収納する場所も必要となってくるため、トイレをリフォームするにあたっては、収納のことも考えることが大切です。

たとえば、タンクの上部に吊戸棚を取り付けるといった方法があります。吊戸棚では圧迫感があって嫌だ、という方は、棚板だけを設置する方法があります。

この場合、収納しているものが丸見えになってしまうというデメリットがあります。特に生理用品などは、あまり人に見せたくないモノの一つです。

そこで、棚板だけを設置する場合には、カーテンを取り付けるという方法があります。カーテンを吊るす場合、カーテンレールを天井に取り付ける方法と、突っ張り棒を使ってカフェカーテンを取り付けるという方法があります。

好みやトイレのデザインに合わせると、インテリア性もでてきて良いでしょう。そして収納も大切ですが、特にトイレにとって重要となってくるのが照明です。

トイレは、自分の健康を知る場所でもあります。血便や血尿など、異常が現れても、照明が暗すぎると分からなくなる怖れがあります。照明の色や、壁や天井に貼っているクロスの色合いも考慮しなくてはいけません。

トイレ内は出来る限り白系のものを選ぶようにするのがポイントと言えます。

リフォームする前に読んでおきたかった…

「これを読んでいれば騙されなかったのに…」

リフォームで失敗した人に見せると口を揃えて言います。それがリフォームの虎の巻である「青本」と「赤本」です。

悪徳業者に騙されないためにも、いざその時になって慌てないためにも、目を通しておくことをオススメします。

今はリフォームの必要がない人も、いずれ必要になる時が来ます。青本と赤本で得た知識は必ず役に立つはずです。

請求はわずか1分で完了。在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひ今のうちに無料で手に入れてください。

優良工事店ネットワーク公式サイト:https://ykn.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています