トイレをリフォームするにあたっては、様々な費用がかかってきます。まずどの程度のグレードのトイレを望むかによって変わってきますし、また、トイレの便器や便座自体の費用だけでなく、床や壁などの内装のリフォームにかかる費用も考慮する必要があります。

ここでは、そんなトイレのリフォームにかかる費用の項目や、その相場について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

トイレリフォームの内容によって費用も異なる

トイレをリフォームすると言っても、便座や便器を交換するだけのものから、トイレ全体をリノベーションするといったものまで色々なケースがあります。

つまりリフォーム内容によって、当然、費用も異なってきます。その費用の幅も広く、およそ20万円~100万円くらいが相場となっています。

便器と便座だけを交換するだけであれば、安いものの場合、費用は20万円程度となっています。

近年、便器や便座の性能や機能、あるいはデザインといったものが大きく進歩しているため、これくらいの金額を出せば、結構良いものを取り付けすることができます。

また、最近流行になっているのが、タンクレストイレです。このタンクレストイレの特徴は、文字通り、便器の後部にタンクがない、というものです。

そのため、タンクレストイレでは、トイレ全体の空間を広く使えるようになります。しかし、タンクが存在しないため、別途手洗いを取り付ける必要があります。

しかし、この場合でも、排水管や給水管が手洗いを設置する場所にあるケースであれば、費用はそれほど掛かりません。

その一方で、排水管や給水管の位置が設置する場所よりも遠いケースでは、配管の位置をずらさなくてはいけません。配管をずらす場合は、その費用も追加費用として計上する必要が出てきます。

タンクレストイレの価格は、20万円後半から30万円前半と、結構手頃な価格設定となっています。しかし、前述のように、手洗いが付いていないため、別途取り付ける必要があり、その費用を考慮すればトータルで50万円前後は必要となります。

また、トイレの空間が狭い場合に、タンクレストイレに取り替えてしまうと、手洗いを取り付けるスペースがなくなってしまう、といった場合もあるため、注意が必要です。

トイレ全体をリフォームする場合、たとえば床材にタイルが使われていた場合に、これをクッションフロアに変える、といったケースがあります。

このようなケースでは、既存タイルの取り外し及びタイルの廃棄費用が必要となります。

また、壁材も、漆喰から壁紙に変える、といったようなリフォームを行うケースもあります。このケースも同様に、壁の処分費や撤去費用が必要になってきます。

トイレをリフォームするにあたっては、新しく購入するトイレにかかる費用だけでなく、既存の設備の撤去費用や、内装のリフォーム費用も考慮しなければなりません。

スポンサーリンク

トイレリフォームの費用は製品によっても左右される

トイレのリフォームで、便座や便器を取り替える場合ですが、便器や便座のグレードによってかなり左右されます。リフォームを行う際には、現状よりもグレードアップしたものに取り替えたい、と多くの方が望むと考えられます。

たとえば、何の機能も付いてない便座や便器を使っているとすれば、リフォームをする時に、ヒーター機能付きの便座やウォッシュレットなどの洗浄機能がついたものに取り替えたいと願うものです。

また、最近では自動洗浄機能が付いたものが販売されており、これを設置するとなると、価格はさらにアップします。トイレのリフォームにあたっては、どれくらいの予算で行うかを、しっかりと定めておく必要があります。

天井・壁のクロスを張り替える場合は、材工共(ざいこうとも:材料費、工事費を含んだ金額)で3万円~5万円前後です。また、クッションフロアの張り替えを行う場合は、2万円~3万円で十分に行うことができます。つまり、内装全てを新しいものに交換した場合は、5万円~10万円ということになります。

ちなみに、現在と同じような仕様で特別新しい機能がついていないモノを選び、便器と便座だけを交換した場合は、材工共で10万円~15万円で工事を行うことができます。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています