トイレをリフォームするタイミングとしては、大きく分けて、築年数から考える場合と、家族構成の変化から考える場合の2通りのケースがあります。また、完全にトイレを交換するのではなく、修理を行った方が良い場合もあります。

それぞれのケースやタイミングについてよく理解し、適切なタイミングでトイレのリフォームを行うようにして下さい。

スポンサーリンク

トイレリフォームはいつやるのか?

トイレという空間は、家族全員が使う共有の場所です。そうした意味では、トイレは洗面所や浴室と同じような場所だともいえます。しかし、トイレが洗面所や浴室と少し違うのは、使い方や手入れの仕方によって、長く使うことができるということです。

トイレの便器の材質は、ほとんどが陶器で造られています。そのため、普通にトイレを使っている場合は破損するということはまずありません。もちろん、トイレの便器の上に登ったりすると、割れる恐れがありますので注意して下さい。

しかし、いくらトイレが長く使う事が出来ると言っても、やはり交換時期はあるものです。その目安となるのが、築年数と家族構成です。

築年数からトイレリフォームを考える

築年数からトイレのリフォームのタイミングを考える場合は、外壁の塗り替え時期と同じ時期と考えても良いと思います。

外壁の場合、よほど特殊な塗装をしていない限り、10年が目安となってきます。そして、トイレリフォームのタイミングも同じような時期なのです。

トイレ便器自体の損傷がなくても、経年劣化によりタンク内のパッキンが消耗している可能性があります。

また、レバー操作も緩くなっています。「まだ使えるから、もう少ししてから交換しよう」なんて考えていると、大変なことになってしまいます。

パッキンが腐食してしまうと、水漏れの原因にもなり、最後には水が溢れ出て床が水浸しということにもなりかねません。その場合、マンションだと、階下に影響を及ぼす怖れもあります。

このような事態になってから、「もう少し早い段階で交換していればもっと工事費を抑えることができたのに」と後悔する方は少なくありません。

そこで、目安として、便器の交換時期は約15年、便座については約10年を目途に交換することをおすすめします。

ちなみに、住まい全体のリフォームを考えた場合は、25年~30年が一つの目安となります。つまり、住まいの場合は、住宅ローンの支払いが終わった頃となる計算です。

スポンサーリンク

家族構成の変化によりリフォームを考える

三世代家族

経年劣化を考慮し、築年数からリフォームのタイミングをはかる、という考え方とは別に、家族構成の変化に合わせたリフォーム時期というのがあります。

たとえば、出産・子供の独立・両親との同居・自分たちの高齢化、といったタイミングでリフォームを考える、という場合です。

夫婦2人でいる時期の場合は、それほど機能やデザインにこだわる必要はないと思いますが、子供ができて年頃になると友達が遊びに来ることもありますので、デザイン性や機能をある程度充実させる時期と言えます。

また、両親との同居や自分たちの高齢化を考えた場合、手すりの設置や開口部の広さなども考慮しなければいけません。つまり、車椅子での生活も視野に入れておく必要があります。

他にもトイレの便座の高さも考えなくてはいけません。低すぎたり高すぎたりすると、立ったり座ったりする時に不安定になり転倒してしまう危険性もありますので、実際に座ってみて使い勝手のよい高さを選ぶようにして下さい。

最近では、公共の施設以外ではあまり見かけなくなりましたが、もし家のトイレが和式トイレである場合は、和式トイレから洋式トイレに交換することを検討するのも、住居に住む人間が高齢化してきた時期が最適だと言えます。

歳を重ねる度に、足腰が弱くなってきますので、和式トイレだと足腰に負担がかかってしまいます。そのため、足腰に負担がかからない洋式トイレに変えることをオススメします。

参考記事:トイレリフォームで和式便座から洋式便座にする時にかかる費用と期間

トイレを交換するより修理した方がよい?

トイレを交換するまではいかない、といった微妙なラインがあります。例えば、水の流れが悪くなった、少量の水漏れがする、手洗い部分が詰まって水の出が悪い、といったような症状の場合です。この場合、まずは修理の方向で考えて下さい。

設備業者やホームセンターのエクステリアの担当者に相談すると良いでしょう。意外と修理で十分使える場合が多くあります。ただし、使っているトイレが古いものだと部品がなく、交換となる場合もありますので、その点については注意して下さい。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています