トイレの機能も年々進化しており、現在では様々な機能を持ったトイレが存在しています。トイレを選ぶ際には、やみくもに最新のものを選ぶのではなく、自分の住居やライフスタイルに適したトイレを選ぶことが大切です。

ここでは、そんな最新のトイレの多種多様な機能について、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

トイレは思いつきや外見で選んではいけない

トイレのリフォームを考える際、多くの方が最新式の商品が欲しいと思うことでしょう。しかしトイレのリフォームを考えるにあたっては、まずその機能や大きさについて知っておく必要があります。

単にカタログをインターネットなどで見て、「これがいいな」と思っても、我が家のトイレ空間に収まらないため設置できない、というケースも実は多々あるのです。

また、機能についても同じで、使いもしない機能にお金をかけても、宝の持ち腐れとなってしまいます。

最新のトイレについては丹念に情報を集めることが大切です。トイレは毎日使用するもの。時にはショールームや住宅展示場などに出かけて、実際にトイレを見たり触ったりすることがとても重要となります。

トイレの種類にはどのようなものがある?

トイレの形には、シャワートイレ一体型便器(タンクレス)、キャビネット付きトイレ、シャワートイレ一体型便器(タンク付き)があります。形は人それぞれ好みがありますので、どれが良くてどれが悪いといったことは一概には言えません。

ただ大切なことは、先ほどお話した通り、購入しようとしているトイレが自分の住まいのトイレ空間にピッタリと合うかどうかということです。トイレは、大きすぎても、小さすぎてもダメなのです。

スポンサーリンク

最新のトイレ機能はどのようなものがある?

掃除が楽なトイレ

主婦の方が特に気になるのがトイレの掃除のしやすさ。例えば、便器に特殊な加工を施し、黒ずみや、便器のくすみの原因となる水垢がこびり付かないようにしてある、という商品があります。簡単な掃除で、便器がすぐにキレイになるため主婦必見の便器となっています。

また、便器ボウル面はもちろんのこと、シャワーノズルも除菌水によって汚れを付きにくくしている、といったタイプのトイレもあります。代表的なのはTOTOのネオレスト(NEOREST)です。

このタイプのトイレは、長時間使用しない場合、自動で除菌水を吹きかけるといった仕組みになっています。更にウォッシュレットのノズルの内側、外側も除菌水により洗浄、除菌してくれるため、トイレ掃除が格段に楽になるのです。

ネオレストには掃除がしやすいようにリフトアップ機能も付いています。リフトアップによりウォッシュレットの前方が持ち上がりますので、掃除がしにくかった隙間や奥まで、ラクに汚れを拭き取ることができるようになっています。そのため、匂いの元もしっかりと掃除することができるのです。

節水効果が高いトイレ

省エネに魅力を感じる方にオススメなのが、節水効果がありながら、強力な水流で便器内のすみずみまで水が回り、しっかりと汚れを洗い流してくれる、という優れた機能を持った超節水洗浄便器。TOTOのトルネード洗浄、LIXILのパワードライブユニット、Panasonicのターントラップ洗浄などがあります。

これらは節水仕様でありながら、洗浄能力は従来のままというトイレになります。この超節水便器は、従来のトイレに比べて70%以上の節水効果があります。年間で1万~2万円の節水効果があります。これは大きいですよね。

節電効果が高いトイレ

瞬間暖房便座と呼ばれる、センサーによって人の動きを感知し、使用する時だけ便座を温めるという、節電効果の高い便座もあります。トイレを使わない時間の保温電力を大幅に抑えることができるため、年間の電気料金を5000円以上お得になります。家計に大きく貢献することができるのです。

ウォッシュレット機能が優れたトイレ

続いておしり洗浄にこだわりのある方にオススメなのが、ワンダーウェーブ洗浄という機能を持つTOTOのトイレです。水玉連射方式により、少ない水量ですっきりとした洗い心地を体感することができます。

また、LIXILにもたっぷりの水量でソフトに洗浄するタイプや、水の勢いに強弱をつけマッサージ効果を付加した洗浄機能など、多彩な洗浄機能が付いているトイレもあります。これらの機能により便秘気味な方も、スムーズに排便することが可能になっています。

今回は最新の機能をいくつかご紹介しましたが、他にも色々な機能があります。トイレは使用頻度が非常に高いため、ライフスタイルや家族構成などを考慮してじっくりと検討されることをおすすめします。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています