今回はテラスを設置する上で知っておきたいポイントを解説します。

スポンサーリンク

テラスの考え方

テラスの設置を考えている方って意外と多いんですよね。その理由として、アウトドア空間を楽しみたい、雨の日などに洗濯物を干す場として活用したいといった点などが挙げられます。

特に洗濯物を干す場にしたいと思っている方は屋根の設置も検討していると思います。そこで快適なテラスを造るにはどうすればよいのか考えていきましょう。

テラスとは

テラスとは、土地の一部を盛り上げ、平らにした部分のことです。石やタイル・コンクリートなどを敷き詰めてテラスは造られます。その空間は寛ぎのスペースでもあり、家事の一部を担ってくれる場所でもあり、ペットが安心して遊べる場所でもあります。

テラスを設置したいと思った場合、どのように活用したいのかを明確にしなければ有効活用することができません。

ガーデニングやDIYの作業場にしたい、家族や友人たちとの団らんの場に使いたい、ペットの居場所にしたいなどライフスタイルによって場面が違ってきます。

お友達がテラスを造ったから、工務店にすすめられたからといった衝動買いみたいな感じで設置すると後々後悔する可能性が高いです。

テラスをプランニングしよう

テラスをプランニングする際に注意したいのが、住まいの間取りを考えるのと同様に、配置計画や動線をきっちりと検討しておかなければいけません。

たとえば、家族や友達と食事やお茶を楽しみたいというのであれば、キッチンやダイニング・リビングからの動線を考えなければいけませんし、門や玄関などから直接行けるようにプランニングする必要もあります。

また洗濯物を干す場所にするのならば、洗濯室から直接行けるような動線を考えなければいけません。さらにお風呂上りに寛ぐスペースにする場合には、浴室から直接行けるような動線を考える必要がります。

プランニングする場合、使用目的に応じた動線を確保しなければ折角造ったテラスも宝の持ち腐れとなってしまう場合が多くありますので十分注意して下さいね。

スポンサーリンク

一体化を考えたプランニングとは

テラスを設ける理由で一番多いのが、リビングルームの延長として使いたいということです。この場合、掃き出し窓を利用して設けるプランが主流となっています。

このプランのメリットは、リビングからの空間的な広がりだけでなく、季節を通して自然を近くに感じることが出来るということです。また、お友達など多人数に及んだ場合には、掃き出し窓をオープンにしてホームパーティなども開くことができます。

この時、掃き出し窓の形状も気になるところ。どうしても引き違い戸の場合、開口部分が狭くなってしまいますので、折れ戸や引き込み戸などのように大きく開口できるタイプにすればより使い勝手が良くなります。

テラスを設ける場合は周辺の環境にも注意が必要

テラスを設ける際に注意しなくてはならないのが、プライバシーの確保です。折角テラスを設けても道路を行き交う人の視線や隣人の視線が気になってしまうとゆっくりと寛ぐことや、家族や友達との食事も楽しさが半減してしまいます。

そこで、採光や通風性のよいスクリーンを設置する、あるいは植栽やフェンスの活用といったことも考えておきましょう。

テラスを設ける場合のポイントは、使用目的をはっきりとさせる、動線を確保する、プライバシーなどを考慮するといったことがポイントなります。ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています