リビング階段に興味がある方も多いようですね。今回はそのメリットとデメリットについて解説します。

スポンサーリンク

リビング階段の人気の秘密

年頃のお子さんをお持ちのご家庭では毎日が心配ですが、会話も小さいころに比べて極端に少なくなって何を考えているのか分からないというご家庭が多いのではないでしょうか?

最近、リフォームやリノベーションなどで人気があるのがリビング階段です。リビング階段とは、文字通りリビングに設けた階段のことです。

リビング階段の人気の秘密は、リビングが開放的に見え広く感じる、家族とのコミュニケーションがとりやすいといったメリットがあります。

リビング階段に吹き抜けを設けると、1階部分が閉鎖的ではなく開放的になり、1階と2階とに繋がりが生まれてきます。また、視覚的な伸びやかさが生まれますので、ワンルームのような広がりが得られるようになります。

さらに、スチールや無垢材といった階段のデザインにもこだわれば、スタイリッシュな雰囲気を出すことができます。

お子さんが学校あるいは塾、遊びから帰ってきて自分の部屋に向かう場合、通常の階段ですといつ帰って、いつ出かけたのか分からないということもあります。

それをリビング階段にリフォームした場合、必ずリビングを通り自分の部屋に向かうことになりますので、お子さんと会話をすることができます。

スポンサーリンク

リビング階段のメリット・デメリット

リビング階段を設ける場合のメリットとデメリットを考えてみましょう。リビング階段にしようと思ったとき、多くの人は「寒くないのか」「冷暖房費がかかるのでは」といったことが気になるかもしれません。

リビング階段のメリットは、リビングに奥行きが出て広く、開放的になるということです。そして家族とのコミュニケーションがとりやすいということです。さらに、階段室を設ける必要がなく空間を有効的に使うことができます。

逆にデメリットとして、冷暖房の効果が弱まるということが挙げられます。つまり皆さんが心配するとおり、冷暖房費が掛かるということです。また、料理や嫌な臭いが住まい全体に回ってしまう恐れがあります。

リビング階段の最大のデメリットは、お子さんのいるご家庭では、お子さんの友達が遊びに来た際に、お子さんの友達と顔を合わせてしまうということです。緊張感が付きまとうことになります。

リビング階段の最大の逆転を克服する

リビング階段の弱点でもある冷暖房効果です。この弱点を克服するための秘策は、床暖房を設置する、断熱性能・気密性能を高めるということです。

それには、断熱材をしっかりと入れる、ガラスを断熱ガラスに交換するあるいはインナーサッシ(二重サッシ)を設置して冷暖房が逃げないようにし、外からの熱や冷えを室内に入れない工夫をすることです。

つまり、部分的な冷暖房ではなく住まい全体に冷暖房がきくようにすることが大切です。

リビング階段をお考え方に

リビング階段にも良い所も悪い所もあります。リビング階段にしたことで開放感が生まれ、住まい全体が明るくなったという方も多いです。また、お洒落な空間を演出することもできます。

デメリットを理解した上で設置を検討してみて下さいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています