吹き抜けのある住まいは、ひと昔前までは憧れだけで、実現する方はそれほど多くはありませんでしたが、最近の住宅事情を見てみれば、吹き抜けのある住まいが増えてきています。

第一印象は素敵な住まいだと思いますが、実際吹き抜けは必要なのでしょうか?この記事では吹き抜けのメリット・デメリットも含めて検証していきましょう。

スポンサーリンク

吹き抜けのメリットとは

最初に吹き抜けのメリットについて検証していきましょう。

吹き抜けのメリットは、何と言っても開放感です。吹き抜けによって住まい全体が広く感じられます。

これは錯覚によるもので、横の広さに加えて高さがあれば、人は広く感じとるのです。つまり、吹き抜けの効果は大きいと言えるでしょう。

たとえば、皆さんも経験があると思いますが、天井が高いホテルに入った時に感じる開放感。

大型スーパーや百貨店なども同じで1階から見上げた時に、上階まで見渡すことができれば凄く開放的で明るく感じると思います。住まいもそれと同じなのです。

また、吹き抜けの天窓から差し込む光が空間全体を明るくしてくれますので、非常に明るい住まいになるのです。

これは狭小住宅に見られる技法で、周りを家で囲まれており、土地も狭く光が差し込む余地が無い場合、屋根に窓を設けて光を住まいに取り込むというわけです。

つまり、採光を確保するための方法として有効的な技法と言えます。

吹き抜けのメリットは何も光や開放感だけではありません。

たとえば、キッチンとリビングを一体化させたLDKに、吹き抜けを設けることで、家族の気配を感じることができます。

家事をしながら、家族がどこに居るのか感覚的に知ることができますし、家族に何か異変が起こっても、その物音の方向へ駆け寄ることができます。

また、食事の支度が出来た時などにも一声かけるだけで家族に伝わりますので便利と言えますし、家族の意思疎通も気軽に行えるのもメリットと言えます。

スポンサーリンク

吹き抜けのデメリット

このようにメリットも沢山ある吹き抜けですが、その分デメリットも多くあります。まず一番に問題となるのが光熱費です。

吹き抜けは、1階・2階の区別がありませんので、どうしても冷暖房効果が薄れてしまいます。たとえば冬場は、1階で暖められた空気が2階へ抜けてしまうということです。

暖かい空気は比重が軽く上昇するという体質がありますので、1階部分の暖房が効かないということもあります。

また、夏場は、熱気が全て2階へ上がっていきますので、2階にいる人や2階に寝室がある場合は熱気で寝苦しい夜を過ごさなくてはいけないことになります。

この問題を解決する方法としては、住まい全体での冷暖房計画をきちんと行い、住まい全体を断熱性能を向上する必要があります。

断熱性が高く、住まい全体の冷暖房計画を行ってはじめて快適な住まいを実現することができるのです。

次に、音の問題があります。

メリットの項目でお話したように一声で住まい全体に行き渡るのですから、1階でテレビやオーディオなどの音響機器を使っていると、2階で勉強などをしている子供部屋に響き集中できないということになってしまう恐れがあります。

また、高齢者のいるご家庭では、どうしても生活パターンが違ってきますので、物音に敏感な方でしたら、少しの音も耳につき寝付けないという事態が発生することがあります。

吹き抜けを計画する場合は、断熱性はもちろんですが、防音性にも配慮が必要となります。

最後に、採光を目的とした窓ですが、どうしても汚れが付きやすくなります。そこで掃除を試みてもなかなかうまくいかないのが現状です。

そこで、この窓にいけるようなキャットウォーク(点検や保守目的に造られた狭い通路)などの設置が必要となります。

まとめ

吹き抜けのメリット・デメリットを紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?また、吹き抜けを計画している方はどのように感じましたか?

吹き抜けは、メリットと同じくらいデメリットがあります。デメリットが多いと感じた方は、もう一度、工務店や設計士とよく打ち合わせを行うようにして下さい。

また、デメリット以上にメリットが沢山あると感じた方は吹き抜けの計画を進めていく上で、断熱性や防音性について今一度、ご確認して下さい。

後で、もう少し断熱性を向上させておけばよかったと後悔しないようにしましょう。

吹き抜けは必要か否か、それはそこに住まわれる方の意思ですので、デメリットが多いから止めなさいとは言えません。

吹き抜けの住まいを計画する場合は、しっかりと設計士と打ち合わせを行い、住まいの快適さについて十分議論されることをおススメします。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています