リフォーム業者といっても、その実態は様々です。現在では、リフォーム専門業者以外にも、多くの業者にリフォームを相談することが出来るようになっています。

そんなリフォーム業者の種類や実態を詳しく知って、ぜひどういったリフォーム業者に依頼するのかを決める参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

リフォーム業者の種類と特徴

リフォーム業者と一口に言っても、その種類は様々あります。リフォームを専門にしている業者、近くの工務店、設計事務所、建材店、さらにはホームセンターでもリフォームを行っているのです。

リフォーム専門業者

リフォームを専門にしている業者についてですが、専門だから自社施工とは限りません。リフォーム工事を受注だけして、実際の工事は下請け会社に任せている、といった業者も多く存在しています。

少し裏話になりますが、新築の家を建てるよりもリフォーム工事のほうが利益率もよく、またリスクも少なくて済むので、業者側からするとリフォーム工事はおいしい仕事となっているのです。

最近リフォーム業者が増えているのもこういったことが背景になっており、工務店だった会社がリフォーム専門の会社になったという話もよく聞きます。そのため、リフォーム専門の業者だからといって、必ずしも専門性が高いということではないのです。

工務店

次に工務店ですが、大きい工務店の場合、店舗や施設といった大掛かりなリフォームは扱っていますが、戸建てなどのように小さな工事の場合、受けてくれないことが多くあります。しかし、近くの小さな工務店の場合、新築はもちろんですが、リフォームも受けてくれます。

街の工務店の場合、地元ということもありますので、仕事が丁寧で施主側の要望も真剣に聞いてくれます。また、設計も自社設計となりますので、要望もちゃんと設計図に落とし込んでくれます。ただし、人数が少ないために工事期間が長くなることもあるのが少しネックとなっています。

設計事務所

設計事務所についてですが、設計事務所の仕事は家を建てるというよりもデザインするというのがメインですので、意外とそれぞれの事務所のクセが現れることが多くあります。しかし、デザインを重視したいという方にとっては、設計事務所に依頼をするのが最適と言えます。

設計事務所自体は施工を担当しませんが、設計事務所が工務店やリフォーム会社に仕事を依頼し、その依頼先が図面通りに施工しているかなどの工事監理も設計事務所がしてくれますので、安心して任せることが出来ます。

ホームセンター

ホームセンターなど建築業界以外の業者の場合ですが、これも設計事務所同様、自社で施工をするといったことはしません。ホームセンターなどのメリットは、店舗内にモデルを作ってあるということです。

つまりリフォーム後の姿をイメージしやすいというのが最大のメリットです。工務店や設計事務所などは設計図は描いてくれますが、その設計図を見てイメージしろというのは素人の方にとっては酷な話です。

訪問販売やDMなどの業者

地元に密着した小さな工務店が訪問販売を行っていることも多くあり、その場合に限っては、意外と安心して任すことができます。ですが、中には悪質な業者もあり、詐欺同然の工事を行うことが多くあります。

訪問販売などを行っている業者を選ぶ際には、その業者が悪徳業者か良心的な業者であるかを見極めることが重要になってきます。このサイトの方針としては基本訪問販売には手を出さないことをオススメしています。

スポンサーリンク

業者を選ぶポイントとは

極端な言い方をすれば、会社の規模はほとんど関係ありません。小さい会社も大きな会社もさほど施工に大差はないということです。ただ、前述のように、大きな工務店などの場合、個人のリフォームを受け付けてくれない場合もありますので、その点は少し注意が必要です。

最も問題になってくるのが下請け業者をどれだけ持っているかです。大きな会社であっても下請け会社が少なければ施工に時間がかかりますし、小さい会社でも下請け業者を多く持っていれば施工期間が短いということになります。

そしてリフォーム会社を選ぶポイントですが、どれだけ実績があるかということに注目しましょう。リフォーム施工の実績や新築住宅の実績が沢山ある会社はそれだけノウハウを持っているということですので、安心して依頼することができます。

それでも心配でしたら、実際に建てた家やリフォームを行った家を見せてもらうことをおすすめします。業者の担当者に相談すれば見せてもらうことが可能ですので、契約前に是非一度、確認してみましょう。

またその際にそこに住んでいる方と直接話をすることが出来れば、どういった施工をしていたのかといった情報を聞くこともできますので、参考にすることができます。

リフォームする前に読んでおきたかった…

「これを読んでいれば騙されなかったのに…」

リフォームで失敗した人に見せると口を揃えて言います。それがリフォームの虎の巻である「青本」と「赤本」です。

悪徳業者に騙されないためにも、いざその時になって慌てないためにも、目を通しておくことをオススメします。

今はリフォームの必要がない人も、いずれ必要になる時が来ます。青本と赤本で得た知識は必ず役に立つはずです。

請求はわずか1分で完了。在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひ今のうちに無料で手に入れてください。

優良工事店ネットワーク公式サイト:https://ykn.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています