リフォームは1円でも安くできるに越したことはありません。ただ安いだけで業者を選ぶと失敗するケースが意外と多いです。

今回は予算から見たリフォーム業者の選び方についてお話していきます。

スポンサーリンク

リフォームの種類

リフォームをしたいと思った時にどこに依頼すればよいのか迷うところです。リフォーム業者には色々な種類があり、単にリフォームを専門にしている業者からリフォームを兼ねている業者まで様々です。

また、リフォームの仕事を受注してくるだけで自分ではリフォームせず他に仕事をさせている業者もあります。

リフォーム業者の種類には、住宅メーカー(積水ハウス・住友林業・ダイワハウス・ミサワホームなど)、工務店、設計事務所、リフォーム専門業者、リフォーム業界以外(上新電機・イオン・各ホームセンター・家具販売店など)があります。

これらのうちどこに仕事を依頼するのかを決める方法のひとつとして、これらの業者に見積もりを依頼するという方法があります。また、プランの依頼も良い方法だとも言えます。

見積金額で選ぶ際の注意点

リフォーム業者を選ぶ際に、気になるのが費用面です。予算の関係もありますので”できるだけ安いところに依頼したい”というのが一般的な考え方ですが、予算や見積金額で選んだ場合に、最も失敗しやすいのがリフォーム工事です。

安くて良いものができるということは基本的にほとんどないと思ってください。

数社に見積もりを依頼した場合、一番高い金額と一番安い金額は除外するという気持ちを持つことが大切です。高い金額は仕上がりに対する期待が大きくなりますし、安い金額はイマイチな工事でも得をしたという気分になってしまいます。

特に高い金額の場合はそれだけ期待感が高くなってしまいますので、ギャップがあるとかなりショックを受けてしまうのです。

スポンサーリンク

見積もり比較の注意点

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e8%a6%8b%e7%a9%8d%e3%82%82%e3%82%8a

相見積もりはどの業界でも一般常識ですので、なにも悪いことをしているという罪悪感を抱く必要はありません。むしろより多くの業者に見積もり依頼をするほうが良いのです。

ただ注意点として同じ工事の見積もりでなければ意味はありません。こちらの業者には壁の補修を、こちらの業者には室内の方をというような見積もりの取り方ではなく、あくまでも同じ工事内容で見積もりをとるようにして下さい。

ただし、各業者によって見積書の形式が違いますので注意するようにしましょう。また、中には詳細を省いて一式いくらといったような見積書を提出してくるところがありますが、このような業者は除外するようにして下さい。

高い業者と安い業者の比較

見積金額の比較をする前に覚えておいてほしいのが建設業の特徴です。

建設業の特徴として、元請け・下請け・孫請けといったように階層構造になっているということです。最下層の業者以外は中間マージンを上乗せしています。その中間マージンの積み重ねが工事費用を高くしている要因となっています。

逆に安い業者、例えば親方と従業員数名といった所が一括して工事を行う場合は、中間マージンが発生しませんので、意外と安く抑えることができます。

ここで一つ注意して欲しいのが、先ほど言った高い業者と安い業者は除外と言いましたが、この場合の高い安いというのは”極端”にという意味ですので間違えないようにして下さいね。

業者を選ぶ際に金額も重要ですが、実績も重要な要素となります。そこで業者を選ぶ際には、金額が妥当で工事実績も多い業者が一番良い選択法だと言えるでしょう。

少し高くても大手の企業に依頼するか、安く地元の業者に依頼するかは最終的には施主であるあなたが決めることになりますので、業者の情報を入手する際は手を抜かずしっかりと行いましょう。ここに時間を割くことは決して無駄にはなりません。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています