リフォーム業は実は「無資格で開業できる」ことをご存知ですか?

免許や登録制度などがないので、中には専門知識がないまま開業している「自称専門家」も…。そのため、悪徳業者によるトラブルが後を絶ちません。

騙される危険を回避するために…今回は「悪徳業者の手口」をご紹介します。

「無料診断」に見せかけた「訪問販売」

無料診断

悪徳業者の多くは、「訪問販売」によって営業しています。セールスマンが「無料診断」なんて言葉を口にしたら要注意。

耐震診断、屋根や外壁、床下などのチェックをすると見せかけて、様々な「トラブル」をでっち上げるのです。

「床下にシロアリがいます!」
「外壁が劣化して崩れそうです!」
「急いで処置しないと危険です!」

そんな風に不安を煽るのが悪徳業者の手口。「無料」という言葉に騙されることなく、お付き合いする業者は慎重に見極めましょう。

リフォームは信頼の置ける「本物の専門家」に依頼すべきです。

「今日ご契約頂ければ半額です!」の罠

本日限定半額

悪徳業者の多くは、依頼者に「考える時間」を与えません。

「急がないと危険です!」
「本日ご契約いただければ半額で工事します」

などという形で、契約を急かすケースが多いようです。

中には100万円単位で「割引」して、お得感を演出する業者もいます。しかし実際には、あらかじめ法外な料金を請求しているため、値引きには何の意味もありません。

リフォームはまず「見積もり」から。複数の業者に見積もりを出してもらい、話をよく聞いたうえで依頼先を選ぶべきです。

じっくり時間をかけて、比較検討を繰り返すことで、後悔なく業者を選ぶことができます。

「あいさつ」のはずが、いつの間にか…

訪問販売説明

「ご近所にあいさつにうかがっています」

いかにも丁寧な物言いで、悪徳業者はあなたの自宅を訪れます。世間話などしているうちに、話題はいつの間にかリフォーム、補修工事、無料点検などに及び…

「ご近所の○○さんのお宅も、実はウチが担当しています」

などと、あなたの知り合いの名前を出すことも。それならば自分も…と考えてしまうと、悪徳業者の思うつぼ。すぐに「お金の話」になって、高額な請求が待っています。

特に狙われやすいのは高齢者や一人暮らしの家。

該当する方は、リフォームを決断する前に「第三者の意見」をできるだけ広く聞いてみてください。「業者のペースで話を進めない」姿勢こそ、被害を防止するために欠かせない意識です。

リフォームの前に最低限の予備知識を

%e8%b5%a4%e6%9c%ac%e9%9d%92%e6%9c%acdvd

悪徳業者の被害に遭わない最高の予防策は、基本的な知識を「勉強」しておくこと。基礎知識さえあれば、業者の口車に乗ってしまう危険もありませんよね。

そこでおすすめしたいのが「優良工事店ネットワーク」の発行している「赤本」と「青本」。無料で請求できますのでリフォームを検討されている方はぜひ読んでみてください。

赤本では外壁塗装に関する知識を、青本ではリフォーム全般に関する知識を学べます。無料にもかかわらず一般に販売されている書籍と同じくらい詳しく解説されていますよ。

わかりやすく、かんたんな言葉で書かれていますから、「暇つぶし」感覚で読めるのも嬉しいポイント。リフォームの入門書として書籍化を望む声もあるほどです。

>>これで無料!?リフォームの参考書を無料請求する

 

優良工事店ネットワークは一切の勧誘を禁止!

優良工事店ネットワークQ&A訪問販売

「でも無料なんだから勧誘とかあるんでしょ?」

そう思われる方もいるかもしれませんね。ですがそこは心配しなくても大丈夫。

優良工事店ネットワークは運営上の方針として、一切の電話・訪問販売を禁止しているため、資料請求後に悪質な勧誘などを心配しなくてもOKです。

実際に私も赤本と青本を申し込みましたが、1年経った今でもメール、電話など一切の勧誘はありません。

ただ1つだけ注意!

赤本・青本を無料で請求できるのは在庫限りとなっています。

リフォームで失敗したくない方は、ぜひこの機会を逃さないようにしてくださいね。

>>【リフォームで失敗したくない人必見】青本・赤本の詳細はコチラ

スポンサーリンク

 

こちらの記事もよく読まれています