毎日使うキッチン、油などの調理中の汚れがどうしても付いてしまうものです。しかし、キッチンは食べ物を扱う場所ですので、清潔に保ちたいと願いうのは誰しも一緒です。

最近では、キッチンの壁面にタイルを用いる代わりにキッチンパネルが広く用いられています。

今回はキッチンパネルについて調べていきましょう。

スポンサーリンク

キッチンパネルが用いられている理由

キッチンパネルとは、加熱機器(ガスコンロやIHクッキングヒーターなど)の壁面に取り付けられるパネル状の壁面仕上げ材です。

汚れが付きにくく、たとえ汚れても落ちやすい加工がされていますので、サッと拭くだけで汚れが簡単に落ちます(こびり付いた汚れは洗剤などで拭く必要があります)。

また、水や熱に強く、タイルのように目地がありませんので、お手入れが簡単といった理由で一般的に広く用いられています。

キッチンパネルの種類

キッチンパネルの種類ですが、一般的に用いられているのが、不燃材にメラミン樹脂加工を施されたものです。扱いやすいために施工がしやすく現場での加工も可能ですので多く用いられています。

また、メラミン樹脂加工が施されていますので、石目調・金目調・木目調など種類が豊富にあるのも特徴です。

ステンレス製やアルミなどの金属系があります。不燃材の下地にステンレスやアルミを表面に張ったもので、耐食性に優れており、熱にも強く、手入れもしやすいのが特徴です。

また表面がガラス質のホーローのキッチンパネルもあります。これらはお手入れが簡単で使うものにしてはありがたい材質なのですが、現場で加工するのが容易ではなく施工がしにくいという特徴ももっています。

スポンサーリンク

キッチンパネルはシステムキッチンの標準仕様

最近のキッチンは、システムキッチンが主流となっていますが、それと並行してキッチンパネルも標準仕様となっています。

メーカーにもよりますが、いくつかのキッチンパネルが設定されていて、基本的にはその中から選ぶということになります。

基本設定に気に入ったものがなければ、「このようなキッチンパネルを使いたい」という旨を伝えれば望みのキッチンパネルを用意してくれるでしょう。

ただこの場合、事前にどのようなキッチンパネルが設定されているのかを確認しておくことが必要であり、無い場合は、事前に伝えておくことが重要となります。

実際の施工の段階でこのキッチンパネルを使って欲しいと申し出ても受け入れてくれませんのでご注意下さい。

キッチンパネルの選び方

キッチンのプランニングによって変わりますが、キッチンの壁面は他の空間に比べて広いスペースではないものの、壁面が目線になりますので、用いる素材によってキッチンの空間が大きく異なってきます。

素材や色柄を選ぶ際には、床や天井、キッチンキャビネットの扉などとコーディネートすることが基本となっています。

また、ダイニングやリビングからキッチンが見える場合は、室内空間全体のイメージに合わせて選ぶことが重要です。

素材や色柄を選ぶ際には、ショールームなどで確認することができますし、手入れのしやすさなども体験できるショールームもあります。

可能であればぜひショールームに足を運んで見て下さい。失敗する可能性を限りなく減らすことができるでしょう。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています