人にとってキッチンは、生活にかかせない空間です。特に女性の方は、単に料理を作る場所ではなく快適に楽しく作業を行える空間でなくてはならいのです。

日々の暮らしの中で最も多く時間を過ごす場所ですので、飽きのこない個性的なモノでありながら他の空間と調和していなくてはならないのです。

そこで今回紹介するのがLIXILのリシェルPLATです。

スポンサーリンク

リシェルPLATの特徴とは

最近の傾向としては、自然素材を使ったものに人気が集まっています。あるメーカーから無垢材でできたキッチンが販売されていますが、LIXILにも天然素材で作られたキッチンがあります。それがリシェルPLATです。

リシェルPLATの特徴は、洗練された人造大理石を採用されているワークトップや天然木の扉、引き出しを開けると木製のトレーなど天然素材が使われており、飽きのこないデザインとどのようなインテリアともマッチするスタイルは申し分がないと言えます。

ワークトップでのストレスをゼロに

人工大理石やステンレス製のワークトップだとどうしても、天板とシンクの間に継ぎ目や段差が生じます。その継ぎ目や段差に水が溜まり水垢が発生することもありますし、ゴミが溜まりやすくストレスに感じる方も少なからずいると思います。

しかしリシェルPLATは、ワークトップ(天板)とシンクの間に継ぎ目や段差がなくスッキリとした水回りに仕上がっており、リビング・ダイニングとの空間を一体化させてくれるキッチンと言えます。

デザイン性が豊富な扉材

通常の扉の材質は、ポリ合板かメラミン化粧板ですが、PLATは、温かみのある天然素材である突板を使用し、天然木の風合いを演出しています。

また扉の引手も余分な装飾を施した邪魔になるものではなく、シンプルで扉上部に取り付けられたライン引手を採用することで心地よいアクセントとなっています。

さらに、天然木の風合いだけでなく、カラーバリエーションが豊富で傷に強いメラミン化粧板や表面の仕上がりにもクリーン扉をはじめ、天然木・鏡面・高光沢・艶消し・エンボスがあり空間に合わせてプランニングすることができます。

スポンサーリンク

収納面も充実

収納面においても、キッチン収納はもちろんのこと、キッチンに合わせることのできるリビング収納も充実しています。

たとえば、壁面収納のような収納ユニットがあり、食器は当たり前ですが、電子レンジや電気ポット・ミキサー・トースターなど家電製品も収納することができ、扉を閉めてしまえば壁のように見えますので空間がスッキリとした感じになります。

また、趣味の模型や茶道の道具など見せたいモノを収納することができるオープンスタイルの収納棚があります。

この棚を、キッチンの背面に取り付けると日常的に使うものを収納しておくと取り出すものラクに行えるなど貴方のアイデアで色々な場面に使うことができます。

リシェルPLATの魅力

リシェルPLATの魅力は、SIと違いインテリア性はもちろんですが、使い勝手を重視したキッチンといえます。

アイランドキッチン・オープンキッチンなどいろいろなキッチンスタイルに合わせることができるなどバリエーションに富んでいますので、ぜひショールームなどで実感してみて下さい。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています