近年、主流となってきているオープンキッチン。

壁に仕切られていることなく空間と繋がっているキッチンは、明るくて開放的な空間となっています。

今回はオープンキッチンのメリット・デメリットについて考えていきましょう。

スポンサーリンク

オープンキッチンのメリット

オープンキッチンの魅力は、家族とのコミュニケーションをとりながら炊事ができるということです。

従来の壁に囲まれたキッチンの場合、料理や後片づけをしながらの家族との会話は難しいものがあり、孤立した感覚になってしまうことがありました。

しかしオープンキッチンではそういった不安はなく、いつも家族と一緒で、家族の会話に入ることができます。さらに、小さなお子さんがいるご家庭では、目を離すといったことがありませんので安心です。

次にオープンキッチンは、リビングやダイニングといった空間と繋がっていますので開放的で明るいキッチンを手に入れることができます。

リビングに大きな掃き出し窓があれば遠くの風景を見ながらあるいは季節を感じながら調理などができますので、料理の幅も広がってきます。

キッチンとリビングやダイニングと一体化していますので、配膳や後片付けも楽に行えるのもメリットです。また後片付けも、家族と一緒に行うことが出来ますのでより家族のコミュニケーションを図ることができます。

スポンサーリンク

オープンキッチンのデメリット

メリットの多いオープンキッチンですが、その分デメリットもあります。まず、ダイニングやリビングといった空間と繋がっていますので、料理中の臭いや煙が部屋中に広がりやすいということです。

魚や肉を焼く場合、匂いが空間に広がってしまうことが多くあります。

またオープンキッチンは、周囲から丸見えですので、お客様が見えた時などは大変です。

テーブルやキッチンカウンターの上のモノはもちろん、シンクの中や収納スペースにも目がいってしまいますので注意が必要です。日頃から整理整頓を心がけましょう。

カウンターの上のモノが見えない工夫も必要となりますので、衝立を設けるあるいは収納スペースをより多く確保するなどプランニングの時点でよく検討することが大切です。

オープンキッチンで気をつけなければいけないことは

オープンキッチンを選択した場合、気を付けなければいけないことがあります。

先ほども言いましたが、オープンキッチンはリビングやダイニングと同じ空間に設けられますので、換気に気を付けなければいけませんし、コンロやIHクッキングヒーターなどの調理機器は、壁際に設けることが基本です。

壁際に設けることで換気扇がより効果的になります。また、壁際に設けることで油の飛散や臭いが壁についてしまうことが多くありますので、壁材は不燃性でお手入れの簡単なキッチンパネルが理想的といえるでしょう。

また、休日に家族で料理を楽しむというご家庭が増えてきており、オープンキッチンはそういったご家族にはピッタリのキッチンといえるのですが、そこで重要なのがテーブルの配置。

複数人で作業を行う場合、動線の邪魔にならないようにテーブルや椅子などを配置する必要があります。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています