キッチンリフォームを行う際、「一体どれくらい費用がかかるのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。キッチンリフォームの費用は、機能や形、グレードによって大きく異なってきます。大切なのは、自分にとって合ったキッチンを選ぶことです。

ここでは、そんなキッチンリフォームにかかる費用などについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

キッチンリフォームの相場とは

キッチンをリフォームしたい、と考えている方は少なくないと思います。しかし、いま一つどれくらいかかるのか見当がつかないという方も多いのではないでしょうか?

また、業者に頼んで見積もりを取り寄せても、その金額が果たして高いのか安いのか、判断に困っている、という方もいると思います。

キッチンのリフォームに限らず他のリフォームも同じなのですが、業者やキッチンの種類によって、価格は大きく異なってきます

例えば、一般的な開き戸のキッチンと引き出し式のキッチンでは、価格が大幅に異なってきます。

調理器具にしても、ガス器具とIH電磁調理器とでは価格が違ってきますので、キッチンにどの程度の機能をもたせるのかをよく検討してから見積もりを取るようにしましょう。

見積もりを取る際には、自分にとって必要な機能と不必要な機能を正確に業者に伝えることが大切です。そうでなければ、業者は全ての機能が付いた最高級のキッチンの価格を提示してくることが多くあります。

キッチンの機能や形での価格の違い

キッチンをリフォームする場合、「予算をどれくらい見ておけばよいのか」とよく聞かれることが多いです。この場合、「とりあえずあなたの欲しいキッチンを言って下さい」と答えることになります。

キッチンの形にはI型・L型・コ型・対面型、アイランド型があり、種類によって価格は異なります。更に大きさ、キッチンにどの程度の性能を持たせるかによっても価格は大きく違ってきます。

そのため、キッチンリフォームを行う前に、自分にとって必要な大きさや形はどういったものなのか、ということをよく考えておく必要があるのです。

スポンサーリンク

キッチンのグレードによる価格の違い

システムキッチン

キッチンには大きく分けて3つのグレードがあります。一般的なシンプルなキッチン、ワンランクアップしたスタンダード、高級感あふれるハイグレードがあります。シンプルとハイグレードでは約40万円の差があります。

ところで、シンプルとハイグレードではどこが違うのでしょうか?

シンプルなキッチンの場合、天板はステンレス製というのが一般的です。一方、ハイグレードキッチンになれば、天板は人工大理石あるいは人造大理石を使っていることも多くあります。

また、扉の材質も違い、シンプルなタイプは扉の材質がポリ合板であることが多くありますが、ハイグレードタイプのものはキズに強いメラミン化粧板を使っているのが一般的です。

さらには、引き出しに使われているレールにも差が表れていますので、一度ショールームや住宅展示場などで体感してみて下さい。多くの方は、価格の差に納得されると思います。

キッチンの選び方によっても価格の差が出る

キッチンリフォームを行う際に気を付けなければいけないのが、キッチンにどれだけの機能を持たせるか、つまり、現在使っているキッチンにどのような機能を付加させるかをよく検討することが大切です。

例えば、ダストボックスやライスボックスがついたタイプを選ぶとその分価格も上がりますし、今流行りのIHクッキングヒーターにすれば別途電気工事が必要になります。

IHクッキングヒーターの場合、200Vが主流なので、コンセントの新設が必要になってしまうのです。また、食器洗い乾燥機を付けた場合、食洗器用の給水・排水の配管も必要になります。

このように、キッチンに色々な機能をつければつけるほど、それに伴い価格も高騰してしまいます。

確かにキッチンをリフォームする際、カタログやショールームを見ると、新しい設備や機能は魅力的に映るため、「あれも欲しい。これも欲しい」となってしまいがち。

しかし、リフォーム後に果たしてそれを実際使うかどうかよく考えて下さい。高いお金をかけてリフォームしても、非常にもったいないことになってしまう可能性があります。

キッチンリフォームを行う際は、自分にとって何が必要なのかを見極めることが重要となってきます。つまりキッチンリフォームにかかる費用は個々により大きく異なるのです。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています