キッチンリフォームをいつやるか、という問題は決して簡単なことではありません。キッチンのリフォームは、衝動的に無計画に行うよりも、トイレや洗面所といった水回りをリフォームするのと同じタイミングで行うのが理想的です。

今回は、そんなキッチンリフォームの計画の立て方などについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

リフォームのタイミングとは

キッチンリフォームのタイミングというのは、難しいものです。

とはいえ、「キッチンを入れ替えるきっかけは何ですか?」という問いに対しては、大半の方が、「最新のキッチンが欲しくなった」と答えると思います。

キッチンは使い方次第で耐用年数が変わってきます。毎日手入れをする方なら5年10年と持つ一方で、滅多に手入れをしないという方の場合は、わずか数年でキッチンが傷んできます。

現在の状態でも不自由することはないけれど、そろそろ入れ替えを考えよう、という時期は誰しもに訪れるものです。その時期こそが、ちょうど住まいのリフォームを考える時期と重なるのです。

キッチンをリフォームする場合、トイレや洗面所など同じ水回りをリフォームする時期に合わせると無駄がなく、効率的にリフォームすることができます。

リフォームの時期を逃すと大変

リフォームのタイミングを逃してしまうと、金銭面においても快適さにおいても支障が出てくる可能性があります。

キッチンは、分類としては住まいの住宅設備機器に入ります。住宅設備機器は、早い時期に交換・修理することで、費用を少額に抑え、かつ長く使うことが出来ます。

キッチンの場合、問題となるのは、調理器具の寿命とキッチン自体の寿命が異なるという点です。ほとんどの場合、調理器具の寿命が先にくるようになっています。つまり、調理器具を取り替えるだけで、キッチンを長く使うことが出来るのです。

また、食洗器も同じで、故障したまま放置しておくと大変なことになり、キッチン全体を入れ替えなくてはならなくなってしまいます。

結果的に、工事費用が高額になってしまう可能性が考えられます。食洗機が故障した場合は、なるべく早く食洗機のみをまず修理することで、キッチンの寿命を延ばすことが出来るのです。

スポンサーリンク

リフォームの目的をしっかりと持つ

箇条書き

リフォームを考えるきっかけとなった理由としては、いま流行りだとか、最新の商品が出たので交換したい、といった理由からリフォームを検討し始めた方がほとんどではないでしょうか?

こういったきっかけでも悪くはありませんが、大切なのは目的をしっかりと持つということ。つまり流行に流されて、ついいらない機能までつけてしまうと、宝の持ち腐れになってしまう可能性があります。せっかく大きな金額を出してリフォームしても、これではあまり意味がありません。

リフォームをする場合は、今の暮らし方のどの点を直したいかを箇条書きでもいいので、まずは書き出してみて下さい。そうすれば、新しくキッチンを入れ替える計画をする際に、この機能は残しておこうとか、この機能は使わないので要らないとか、不要なもの必要なモノがはっきりと見えてきます。

これは何もキッチンに限ったことではなく、住まい全体にいえることです。

リフォーム期間中の住まい方も考える

たかがキッチンの入れ替えにそんなに時間はかからないだろう、と高をくくっていると大変な目に遭います。2日~3日で終わるだろうと思っている方も少なからずいると思いますが、配管からやり直すとなれば、1週間は優に超えます。

たかが1週間ですが、その間料理はできませんので、お弁当を買ってくるか、レトルト食品に頼ることになります。その場合、それらの費用も必要になってきますので、予算を考える際、そうした目に見えない費用も見越して予算を建てる必要があります。

リフォームでは極力余計な出費を抑えるように考えることも大切となってきますので、事前の計画は綿密に行うことが大切となります。

リフォームする前に読んでおきたかった…

「これを読んでいれば騙されなかったのに…」

リフォームで失敗した人に見せると口を揃えて言います。それがリフォームの虎の巻である「青本」と「赤本」です。

悪徳業者に騙されないためにも、いざその時になって慌てないためにも、目を通しておくことをオススメします。

今はリフォームの必要がない人も、いずれ必要になる時が来ます。青本と赤本で得た知識は必ず役に立つはずです。

請求はわずか1分で完了。在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひ今のうちに無料で手に入れてください。

優良工事店ネットワーク公式サイト:https://ykn.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています