毎日使うキッチンだからこそ整理・整頓が大切なのは、多くの方が実感していることでしょう。

しかしキッチンはどの空間よりもモノが多くある場所であり、現実はそう簡単にはいかないですよね。

そこで今回はキッチンの収納について考えていきましょう。

スポンサーリンク

キッチンの天板はスッキリと

先ほどお話したように、キッチンはどの空間よりもモノが多くあります。調味料に保存食・鍋やフライパンなどの調理器具など、大きさも素材もバラバラです。

よく見かけるのが、キッチンの天板に鍋やフライパンなどを置いたままといった状態です。

キッチンの天板はできれば食べ物を置く場所ですので、いつもスッキリと清潔にしておきたいと思うのは誰しも同じです。

しかし、現状は収納も少なく吊戸棚も思うように活用できていない方が多くあります。

吊戸棚の活用

マンションや戸建て・賃貸住宅などのキッチンの収納と言えば、吊戸棚が主流です。しかし、吊戸棚の取り付け位置が高いために、なかなか思うように収納できないと思っている方が多くいます。

まず吊戸棚の取り付け位置ですが、どうしても消防法などの関係で目線より上に取り付けられています。そこで取り付け位置を変えてみてはどうでしょうか。

通常、吊戸棚の取り付けられている場所は、キッチンの天板の上部ですが、思い切ってこれを反対側あるいは横に取り付けてみてはいかがでしょう?

取り付けの高さは目線より少し上にで、手を伸ばしても届く範囲に取り付ければ収納もしやすくなります。

吊戸棚を取り付ける高さですが、天井よりも250mm程度低く取り付けることにより吊戸棚の上部にデットスペースが出来ますので、そこも有効利用すればかなりの収納が期待できます。

次に吊戸棚の内部ですが、皆さんは単に吊戸棚の中に物を詰め込むだけという収納方法ではありませんか?このような収納方法だとモノを探すのに苦労した経験はないでしょうか?

この悩みを解決してくれるのがファイルボックスや整理用のボックスです。このボックスに保存食や買い置きの洗剤などを種類別に収納するのです。

そしてボックスの前面に、このボックスには何が入っているのかを明記しておくと、取り出すのに一々探す手間が省けて便利です。

通常、吊戸棚の内部は棚板1枚です。皆さんはもう一段あれば便利なのにと思っている方が多いかもしれませんね。

棚板をもう一段増やす方法としては、コーティング棚や水切り棚を利用すればもう一段増やすことができ、様々な調味料も収納することができます。この場合、一番下に調味料を収納するのがポイントです。

このように、吊戸棚を工夫することでたっぷりと収納することができる収納棚として使うことができます。

スポンサーリンク

吊戸棚のデメリット

吊戸棚に手が届かないと言って、あまり低く取り付けてしまうと頭を打ったりしますので注意が必要です。

また、先ほど言ったように、後ろの壁面や横側に取り付ける場所が無い場合はどうすることもできないのが現状です。

そして吊戸棚の取り付けに関しても消防法という法律によって取り付けの高さが決められています。

調理機器(ガスコンロ・IHクッキングヒーター)の近くに取り付ける場合は、「機器から800mm以上開けて取り付けなければいけない」とされていますので、どうしても取り付け位置が高くなってしまいます。

高いところの物を取るのに、脚立や踏み台に上らなくては取れないということが多くあります。

このような場合、足を踏み外して落下してしまう、あるいは高い所の物を取ろうとして手が滑り中のものを落としてしまうなどの家庭内事故が起こることがあります。

そうなるとどうしても日常的に使わない物を収納してしまい余計に使わなくなってしまうという話を現場では耳にします。

まとめ

吊戸棚は基本的に、手が届く位置に取り付けるのが理想ですが、キッチンの場所や種類によって制約を受けることがありますので注意が必要です。

また、むやみに取り付けてある位置を変えてしまうと、火災などの危険が伴いますのでこちらも合わせて注意が必要となります。

吊戸棚の有効的な収納には、工夫が大切なポイントとなってきます。アイデア次第では素晴らしい収納に変身しますので、ぜひ取り組んでみて下さい。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています