戸建て住宅や分譲マンションでのキッチンリフォームは比較的簡単に行えますが、賃貸住宅(アパートなど)では、基本的にキッチンのリフォームを行うことができません。

とは言うものの、築年数の経っている賃貸物件の場合、どうしてもキッチンが古臭くて気に入らないという方が多くいます。

そこで退居するときに簡単に現状復旧できるキッチンリフォームを考えていきましょう。

スポンサーリンク

賃貸住宅のリフォーム

賃貸住宅では、浴槽・洗面化粧台・キッチンといった設備機器の所有権は大家さんにありますので、勝手に取り替えることはできません。

古くなって水漏れがする、あるいはシンクや天板に錆などが発生して衛生上問題がある場合は、大家さんに連絡して、大家さん自身に取り替えてもらうのが一般的です。

しかしそういった問題が無い場合は、取り替えてもらうのは諦めるしかありません。勝手に取り替えてしまうと退居する時に元の状態に現状復旧する必要がありますので注意が必要です。

またどうしてもという方は、大家さんに連絡して、自費で取り替えるしかありません。

キッチンを簡単にリフォームするには

住むには問題はないものの、どうして古臭いキッチンが気に入らない場合は、DIYでリフォームするという方法があります。

近年、DIYブームによりホームセンターなどで簡単に資材が手に入るようになりました。また、費用面においても安価で販売されていることも多くあり、DIYでリフォームすることにより自分好みのキッチンにすることができます。

ただし、水回りですので注意する点がいくつかあります。その点を抑えれば、キッチンをお洒落に自分好みのキッチンに変身させることができます。

キッチンをお洒落にするのは扉が一番

キッチンのイメージを簡単に変えられるのが扉のリフォームですが、ここで勘違いしてはいけないのが扉自体を交換するのではなく、今ある扉を利用してイメージチェンジするのです。

材料はホームセンターなどで売られている壁紙を使います。最近では簡単に張れて、簡単に剥がすことができる壁紙が販売されていますので、安心して扉に張ることが出来ます。

万が一退居する時でも、扉に張られた壁紙を剥がすだけで現状復旧することができます。

キッチンですので、壁紙は塩化ビニール系のシートを使うことをお勧めします。のり付きの塩ビシートは、貼りやすく初心者の方でも行う事ができます。

スポンサーリンク

キッチンにカウンターを

対面式キッチンに憧れる方も多いと思います。そこで殺風景なキッチンにカウンターを設けてはどうでしょうか?

カウンターと言うと大げさに聞こえますが、案外、簡単に設置することができるのです。

たとえば家具量販店で、高さ80~85cm、奥行き55~60cmのキャビネットを購入して、その上に無垢の集成材を乗せれば簡単にカウンターが出来上がります。

無垢の集成材はホームセンターで販売されています。材種によって価格の差がありますので注意して下さい。一般的に使われるのは、パイン集成材です。長さ180cm、奥行き60cm、厚み2.5cmのモノでしたら価格は5,000~7,500円程度です。

もう少し高級感と耐久性を求めるとすればゴム集成材やタモ集成材があります。価格は同等の大きさで、7,500~15,000円程度です。

天板の塗装でについても、初心者でも簡単に塗装でき、自然素材で作られたオスモカラーやバトンなどがあります。自然塗料ですので、食品を扱う天板にはピッタリといえます。

塗装方法は、古着などに塗料を付けて刷り込むように塗っていきます。

塗装中は換気が必要となりますが、シンナー系・ラッカー系ではありませんので、匂いがいつまでも残るということはありませんし、塗装中の空気を吸っても害はありませんので安心です。

カウンターを設置する場合の注意点としては、決してキャビネットを床に固定しないで下さい。ビス跡などが残ると退去時に、床の補修費用を請求されることがありますのでご注意ください。

まとめ

賃貸住宅では、キッチンなどの設備機器の交換は勝手にできませんが、簡単に現状復旧できるリフォームは、大家さんに許可を取らずに行う事ができます。

ただし作業の音が出る場合は、上下階・両隣への挨拶は必ず行って下さい。思わぬトラブルになることがあります。

また水回りですので、水栓・排水管などの作業を行う場合は、必ず設備業者さんに行ってもらうようにして下さいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています