今回はオール電化リフォームのメリットについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

オール電化リフォームの意義

オール電化とは、家庭で消費するエネルギー全てを、電気で賄うというシステムになります。

現在も主流となっているのが電気とガスの併用です。これを電気エネルギーに一本化することで、省エネにつながるというわけです。

オール電化を希望される方の理由として「直火を使わないので小さな子供がいるので安心・安全」「光熱費が安くなる」「高齢なので直火を使うと不安だったのが、電気にしたことで安心できる」などをよく耳にします。

オール電化の設備機器

オール電化にリフォームした場合、それに適応した設備機器を導入する必要があります。その代表がエコキュートです。エコキュートについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

参考記事:エコキュートってなに?電気代を節約できるの?

次にキッチンの調理器具ですが、基本的にガスを使いませんので、電気用の機器が必要となってきます。その代表がIHクッキングヒーターです。

ガス器具に比べて器具上面がフラットですので掃除がラクに行えます。また、調理道具(鍋やフライパンなど)を乗せないと電源が入らないようになっていますので、小さなお子さんがいる家庭では安心・安全です。また高齢のご家庭にもおすすめできます。

オール電化にした場合ガスを使いませんので、当然ガス暖房器具は使用できません。そのためエアコン・床暖房が暖をとる手段となります。最も効率よく快適な住空間をつくるためには床暖房は必需品となります。小さなお子さんのるご家庭には最適なアイテムと言えます。

導入費用が少し高くなりますが、ガス暖房器具に比べて安全で室内の空気も汚しません。また、電力が割引になる夜間電力を使用してタンクにお湯を貯め、循環させることで部屋を暖めますので、ランニングコストが安くなります。

スポンサーリンク

オール電化のメリット

%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab1

オール電化のメリットは様々です。例えば電気料金の安い深夜にお湯を沸かしてタンクに貯めておき、それを翌日の日中に利用することで省エネにつながり、電気代を節約することができます。

オール電化の最大のメリットは直接“火”を使わないということ。調理器具にしても、暖房器具にしてもガスを利用せずに電気で行いますのでガスに比べて火事のリスクが低いのもメリットとして挙げられるでしょう。

またガスを使用しませんので室内の空気を汚すことなく、一酸化炭素中毒の心配もありませんので、寒い夜に暖房をつけたまま就寝することもできます。ガスの基本料金を支払う必要もありません。

さらに効率の良い節電方法としては太陽光発電システムの導入があります。

太陽光発電システムによって日中はこのシステムの電気を使用し、足りない分は夜間の電気料金の安い電気で賄うというシステムです。

また夏など発電量の多い時期は、余った電気を電力会社に売ることができますので、より一層光熱費を節約することができるのです。

リフォームする前に読んでおきたかった…

「これを読んでいれば騙されなかったのに…」

リフォームで失敗した人に見せると口を揃えて言います。それがリフォームの虎の巻である「青本」と「赤本」です。

悪徳業者に騙されないためにも、いざその時になって慌てないためにも、目を通しておくことをオススメします。

今はリフォームの必要がない人も、いずれ必要になる時が来ます。青本と赤本で得た知識は必ず役に立つはずです。

請求はわずか1分で完了。在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひ今のうちに無料で手に入れてください。

優良工事店ネットワーク公式サイト:https://ykn.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています