今回は屋根リフォームを行うにあたり、知っておくべき知識についてお話していきます。

屋根リフォームの基礎知識

雑誌やネットでは「悪徳業者に注意しなさい!」とよく言っているので、どこに依頼すればよいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか?

そこで屋根リフォーム工事を失敗しないための基礎を身に付けておく必要があります。

屋根の葺き替え費用はピンキリです。屋根の素材によっても大きく費用が変わりますが、日本瓦がのっているのにそれをスレートに葺き替えると住まい全体の印象が壊れてしまう住まいもあります。

屋根の葺き替えとは

古い傷んだ屋根材を全て撤去して新しい屋根材に替えることを葺き替え(ふきかえ)と言います。

主なパターンとしては、日本瓦から日本瓦へ、日本瓦から化粧スレートへ、スレートからスレートへと、スレートからガリバリウム鋼板へ、トタン屋根からガリバリウム鋼板へと葺き替えるリフォームが一般的です。

阪神淡路大震災や東日本大震災以降、日本瓦からスレートあるいはガリバリウム鋼板が多くなりました。

これは屋根の重量を軽くすることで、地震の揺れに対して少しでも負担を減らす目的から現在では主流となっています。

また最近の傾向として、今まで主流であったスレートからガリバリウム鋼板へと移行している傾向があります。

ガリバリウム鋼板は従来のトタン屋根に変わって開発された屋根材です。ステンレス製の屋根材もありますが、価格的に高価で一般住宅ではほとんど使われていません。

その点ガリバリウム鋼板は10年以上錆びることがなく、価格もステンレスに比べて安価という利点があります。

ステンレス製の屋根材が普及しなかった理由に、金属屋根に抵抗があるという方が多いことも挙げられます。

屋根の葺き替え時期を誤らない

%e6%bc%86%e5%96%b0

屋根の葺き替え時期を誤ると大きな出費となってしまい家計を脅かすことになります。そのため葺き替え時期を見極める必要があります。

屋根材の葺き替えの時期としては、スレート・ガリバリウム鋼板の場合は20年~30年、日本瓦の場合は30年~50年周期とされています。

ただ日本瓦の寿命は物によっては100年以上とも言われていますので、傷んだ個所だけを新しくし、使える瓦は洗浄して再利用することにより工事費用を抑えることができます。

しかし、屋根の状態や業者により見解が異なり、全てを新しくした方がよい場合もありますので、よく業者の担当者と話し合いをすることが大切です。

また、日本瓦の場合は継ぎ目に漆喰を打ちますので、その漆喰だけ打ち直すだけでも住まい全体が綺麗に見えることもあります。

屋根を葺き替える理由

屋根は自然現象から住まいを守ってくれています。屋根を新しく葺き替えるという行為は、住まいの寿命を延ばすことになるのです。

また日本瓦は重いという概念がありますが、最近の日本瓦も技術革新により従来よりも軽量化されていますし、施工技術も進化していますので、台風はもちろんのこと地震にも強い屋根材になっています。

これで失敗しない!外壁・屋根塗装業者の正しい選び方

未だに増え続けるリフォームのトラブル。中でも外壁・屋根のリフォームが全体の40%以上を占めているのをご存知でしょうか?

外壁と屋根の塗装工事には高い知識と技術、実績が求められます。

ただ地元の塗装業者に依頼するとしても、どの会社が悪徳業者かわかりませんし、1軒1軒電話やメールで相談したり、金額を比較するのはとても大変ですよね。

そこで、その大変な作業を代わりに行ってくれるのが、外壁塗装・屋根塗装の一括見積もりサイトです。

簡単な質問に答えるだけで、地元の優良業者を紹介してもらえるサービスを無料・匿名で利用することができます。

>>【完全保存版】失敗しない外壁・屋根塗装業者の正しい選び方