今回は火災保険で屋根リフォームが可能かどうかについてお話していきます。まずは火災保険の保証内容についてみていきましょう。

火災保険の補償内容

先の台風により北海道や九州などで甚大な損害が出たことがニュースで幾度となく報道されています。

その台風や竜巻、暴風などにより建物が損傷した場合には保険金が支払われます。

例えば台風などにより屋根瓦が飛んでしまった、あるいはずれてしまった場合に保険金が支払われることになります。

最近では保険会社もかなり統合されましたが、補償内容については昔も今も変わっていないのが現状です。

ただし、被害額全額が無条件で支払われるということはありません。

保険会社は独自の損害額の算出法があります。

損害額は協定再調達価格を基準としており、これは保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用を指しています。

よって実際の修理金額とは異なる場合がありますので注意が必要です。つまり、「損害額-自己負担額=損害保険金」となります。

しかし、建物が復旧できないあるいは建物の損害の額が協定再調達価格に達した場合は、自己負担額を差し引かず保険金が支払われることもあります。

経年劣化による屋根の修理

台風などの被害による損傷ではなく、経年劣化が原因で屋根が傷んでいる場合には保険金は出ません。

よく隣の家が台風の影響を受け被害を被った場合、便乗して保険金を請求する人がいますが、このような場合保険金は支払われないので注意して下さいね。

ちなみに経年劣化かどうか判断するのは、住まわれている方でもリフォーム業者でも保険会社でもありません。

「保険会社が自ら屋根などの被害状況を調査して、保険金を支払うかどうか判断している」と思われている方もいるかもしれませんが、それはありません。

保険会社は公正を期するために、一般社団法人日本損害保険協会の鑑定人がその被害の調査を行います。

鑑定人が実際に屋根等を調査し、風災の有無判定を行い、その後に被災額を算出して報告書を保険会社に提出します。

その報告書を元に保険会社が保険種類や補償内容などを照合して保険金を支払うことになっています。

保険請求できる期間は決まっている?

%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

先日の台風で屋根の瓦が剥がれて雨漏りが起こってしまったという場合を想定してみましょう。

雨漏りしている場所がクローゼットの奥で全く気付かず、しばらくしてクローゼットの中を整理している時に雨漏りの痕跡を発見したとします。

そこで修理業者に屋根を点検してもらったところ「台風による被害ではないか」となった時、保険金は請求できると思いますか?

更に台風の被害に遭ったときから2年が経過しているとしたらどうでしょうか?

答えは「請求することができます」。

保険の規約に、「強い風により被害を受けた日から3年以内に保険会社に保険請求しなければならない」とあります。

上記の場合は2年になりますので請求することができます。

書類でなくても電話一つで「保険請求します」と連絡すれば保険請求となりますので、失効当日に屋根の破損に気付いた方でも請求することができるのです。

保険請求する場合必ず修理しなければならない?

保険金を請求するにあたり「必ず修理をしなければいけない」ということはありません。保険金を貰っても修理をする必要はないのです。

これは自動車保険同様、修理額を新しい自動車の頭金に充当するという考え方と同じであり、必ず修理しなければいけないということはありません。

保険金を受け取り、そのお金を使って他のリフォームと一緒に行っても何の問題もありませんので安心して下さい。

以上簡単に説明しましたが、更に詳しいことはお近くの保険会社又は保険代理店の方に聞いてみて下さいね。

これで失敗しない!外壁・屋根塗装業者の正しい選び方

未だに増え続けるリフォームのトラブル。中でも外壁・屋根のリフォームが全体の40%以上を占めているのをご存知でしょうか?

外壁と屋根の塗装工事には高い知識と技術、実績が求められます。

ただ地元の塗装業者に依頼するとしても、どの会社が悪徳業者かわかりませんし、1軒1軒電話やメールで相談したり、金額を比較するのはとても大変ですよね。

そこで、その大変な作業を代わりに行ってくれるのが、外壁塗装・屋根塗装の一括見積もりサイトです。

簡単な質問に答えるだけで、地元の優良業者を紹介してもらえるサービスを無料・匿名で利用することができます。

>>【完全保存版】失敗しない外壁・屋根塗装業者の正しい選び方