リフォームを依頼する時は大きい業者、小さい業者どちらにしていいか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。今回は両者のメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

リフォーム工事は案外難しい

リフォームをしようと思った時、あなたはどのような業者に頼みますか?こう言った問いかけに対して返ってくる答えは、「有名なところ」と大半の方は言うと思います。

確かに、色々な手法で大手企業はリフォーム工事を受注していますが、果たしてそれが正しいかというとそうでもないのです。

リフォーム工事は新築工事と違って簡単ではありません。

なぜ難しいのか、それは、新築の場合は設計から施工までを管理しますので、ここに配管を通して、そこに電気の配線があるということが把握できます。そしてなによりお客である施主の意向が盛り込まれて、顧客に満足のいく住まいを提供することができます。

しかし、リフォームの場合、新築した業者がリフォームを行うということが少なく、新築とは違った業者が行うことが多くあります。

新築した業者がリフォームをする場合、構造上必要な壁や柱を傷つけることなく工事を行うことができますが、新築とは違った業者が行った場合、こういったものを傷つけるといった危険性もあります。そのため、どこが重要な部分なのか解体して初めて知るということになります。

リフォーム業者を選ぶ際には、建築力はもちろんですが、経験が豊富な業者に依頼するのが一番よいと言えます。

スポンサーリンク

大手企業のメリットとデメリット

%e9%ab%98%e5%b1%a4%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%93%e3%83%ab

技術力と経験と言えば、皆さんがすぐに思いつくのが大手です。大手企業は手広く工事をしていますので、経験値も建築力も優れています。またスタッフの知識も豊富で色々な角度からプランニングをしてくれます。設計から施工まで一貫した管理によって安心して工事を任せることができます。

しかし大手企業の場合、大規模なリフォームは喜んで引き受けてくれますが、小さなリフォームの場合、片手間で引き受けるという企業も少なくありません。

たとえば、リノベーションや増築といった工事は設計から施工までを管理して行いますが、キッチンの入れ替え、浴室のリフォームなどはメーカーに依頼している場合が多くありますので、価格的に高くなってしまう場合があります。

またリフォーム工事全般にかかる費用ついても地元の企業に比べて高いということもあります。これは、抱えているスタッフの人数が多いため、その分経費が高くなりますので仕方がないことでもあります。

小規模な地元企業のメリットとデメリット

小さな地元の業者の場合、地元ということもありますので、仕事が丁寧というメリットがあります。また、口コミによって評判が分かりやすのも地元ならではのメリットと言えるでしょう。価格面においては、親方一人、社員が数人程度の小さな業者の場合、大手に比べて安い場合が多いです。

しかし地元の小さな業者の場合、建設業許可を受けていないところがあり、特にリフォーム業者の場合に多くみられます。

建設業許可の必要な工事は、ある一定の規模・受注金額などで決まってきますが、他の記事でもお話している通り、リフォーム工事の場合は建設業許可の資格がなくても営業することができるのです。

建築一式工事で1500万円未満、延床面積150㎡未満、受注金額500万円未満の場合は資格が不要です。

基本的に建設業許可を受けていない業者の場合、知識が乏しい、建築力が弱いといったことが考えられますが、工務店からリフォーム専門になった業者の場合であれば、経験や技術力もあると思われますので、安心して工事を任せることができると思います。

リフォーム工事をする際の業者の選びの一つの方法として、建設業許可を得ているかどうかも判断基準になります。参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています