この記事ではキッチンリフォームのプランニングについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

リフォームは目的が大切

これはキッチンに限らずリフォーム全般に言えることですが、リフォームを考える場合には目的をしっかりと持つことが大切です。

例えば、メーカーのショールームや住宅展示場などに行き、新しいキッチンを見て衝動的にこのキッチンが欲しいと思わない事です。

キッチンを入れ替えるとなれば、数十万円から百万円を超える費用がかかってしまいますので、かなり家計に影響が出てくると思います。

キッチンリフォームでまずやらなければならないことは、現状のキッチンのどこが不満なのか、あるいはどこが気に入っているのかを書き出すこと。

大半の女性は、キッチンをきれいにリフォームできれば毎日の料理が楽しいかと思い描くと思います。しかし、そこに大きな落とし穴が待っているのです。

キッチンの装備で必要なモノとは

現在使っているキッチンにこんな装備があれば便利だと思うモノを思いつくまま書き出してみて下さい。その中には実は大して必要としないモノまでも含んでいませんか?つまり、使いこなせない装備もあるのではないかと思われます。

確かに食器洗い乾燥機などはあれば便利だと思いますが、家族構成等を考える必要があるのです。例えば、新婚あるいは子供たちが独立して夫婦2人だけの生活だったとすれば、食器もあまり使わないのではないでしょうか?

「うちは夫婦共働きだから家事に時間を掛けたくない」とおっしゃる方も居ると思いますが、そのような場合でも一度冷静に考えることが大切です。

スポンサーリンク

キッチンプランの種類

%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3

最近のキッチンはシステムキッチンが主流となっています。システムキッチンには、I型・L型・対面式・アイランド型など様々ありますが、キッチンのスペースやLDKの広さによってリフォームが難しい場合があります。

また、給排水管や下水管の関係で移設が必要になったり、場合によっては床や天井・壁といった工事も発生してくるケースもあります。

リフォームの流れ

リフォームは自分たちで行う、リフォーム会社と一緒にする、リフォーム会社に任せるといった流れになります。どの時期に誰がどのようにしなければいけないのかを考えて行動しなければいけません。

新しいキッチンが欲しいという気持ちが先走り、ここもこうしておけばよかったなどと後悔しないよう、全体のスケジュールを把握しておく必要があります。

キッチンプランニングのポイント

キッチンをプランニングする時は、ライフスタイルに合わせたキッチンスタイルを考える必要があります。例えば共働きのご家庭の場合、生活動線を第一に考えなければいけません。

キッチンから洗濯場までの動線が曲がりくねった動線では時間の無駄となってしまいますし、子供が出来た事を考えれば、全体を見渡すことができるキッチンにしなければなりません。デザインばかりを優先させてしまうと後で後悔することになってしまいます。

最近のキッチンはデザイン性・機能性に優れているものも多いですが、自分にとって一番使い勝手の良いキッチンが長く大切に使うことのできるキッチンになります。

じっくりと吟味して選ぶことが成功するキッチンリフォームだと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています