家の中を見渡してみるといたるところにコンセントが配置されています。暮らしの中で電気は切っても切れない関係です。

住まい中で一番電化製品を使う場所がキッチンなのです。そこで、キッチンとコンセントの関係を考えていきましょう。

スポンサーリンク

キッチンはコンセントの位置も重要です

キッチンの中には、炊飯器・電気ポット・トースター・電子レンジ・冷蔵庫など数え切れないほどの家電製品が沢山あります。特に冷蔵庫や炊飯器・電子レンジは無くてはならない存在です。

よく考えてみて下さい。たとえば、コンセントが手の届かない場所にあるとすれば貴方はどうしますか?余程の事が無い限り使わないと思います。

逆に使いやすいところにコンセントがあれば、無理なたこ足配線をしてでも使うと思います。

このように考えると、キッチンでのコンセントの位置はとても重要となってきます。また、位置だけでなくコンセントの数も重要ですのでよく考えて設置するようにして下さい。

コンセントの位置と数のポイント

キッチンで使う電気製品の数を一度確認してみて下さい。また一度の調理にどれくらいの調理家電を使うのかも確認しておく必要があります。

まずは家にある調理家電の数を数えてみましょう。それらは果たして有効に使われているかも合わせて確認して下さい。

コンセントの数が足りないから今回は手作業で済まそうといったことはありませんか?

住まいをリフォームする場合だけでなく、これから家を建てようと思っている方も、今使っている調理家電の数以上のコンセントを設置しておくようにして下さい。

今後、調理家電が増えても困らないようにするためです。

この時、設置する場所も重要となってきます。

たとえば、足元にコンセントを設けた場合、冬場は暖房機器を利用するのに重宝しますが、この位置で調理家電を使うとなると不便で、延長コードなどが必要となり、動線を塞ぐことになりかねません。

そこで、もう1ヶ所高めの位置、大体75~90cmくらいのところに設置するのです。また天板の上に設ける場合は、立ち上がり(天板の奥にある5㎝の立ち上がった部分)から10~15cm離して設置するようにします。

ところで何故75~90cmのところにコンセントを設けるのがよいかですが、洗面化粧台は床から天板まで75cm、キッチンは床から天板まで80~85cmが標準となっていますので、それより少し高い方が使い勝手良いのです。

スポンサーリンク

コンセントを増やす場合は使用容量にも注意が必要

闇雲にコンセントを増やしてしまうと容量オーバーとなり、ブレーカーが落ちてしまうことがあります。

特にキッチンで使う家電製品は容量が大きいモノがたくさんありますので、一度に色々な種類の調理家電を使うと直ぐにブレーカーが落ちてしまいます。そのため、必要に応じて回路を分ける必要があります。

また使用容量を大きくするためには契約しているアンペア数を見直す必要もでてきますので、現在契約している電力会社に相談してみましょう。

家電の配置も大切

いくらコンセントを増設しても肝心の家電製品がバラバラに置いてあると、効率が悪くキッチンを何度もクルクルと動き回らなければいけません。

そこで、調理を段取りよくこなすには、調理家電の配置が大切となってきます。

対面式の場合は、キッチンのすぐ後ろに家電製品をよく使う家電から順番に並べておくと効率よく作業ができます。

また、壁面に添ってキッチンがある場合は、よく使う家電製品は天板の上に置いて、他は対面式と同じように後ろに配置しておくと無駄な動きをなくすことができます。

このように、キッチンとコンセントの関係は、かなり深い関係にあると言えます。テキパキと調理をしていくうえでコンセントの位置や高さが重要となってきますので、一度見直してみてはいかがでしょうか?

リフォームする前に読んでおきたかった…

「これを読んでいれば騙されなかったのに…」

リフォームで失敗した人に見せると口を揃えて言います。それがリフォームの虎の巻である「青本」と「赤本」です。

悪徳業者に騙されないためにも、いざその時になって慌てないためにも、目を通しておくことをオススメします。

今はリフォームの必要がない人も、いずれ必要になる時が来ます。青本と赤本で得た知識は必ず役に立つはずです。

請求はわずか1分で完了。在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひ今のうちに無料で手に入れてください。

優良工事店ネットワーク公式サイト:https://ykn.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています