ホテルの客室や浴場などに設置されているジャグジーバス(ジェットバス)に憧れる人、多いのではないでしょうか?

ジャグジーバスには、普通の風呂とは違った魅力がたくさんあります。

この記事ではジャグジーバスの魅力や設置にかかる費用などについて、詳しく解説していきたいと思います。

ジャグジーバスの魅力とは?

ジャグジーバスは、お湯が勢いよく噴き出すことで身体に心地よい刺激を与えてくれるお風呂のこと。

マッサージ効果やリラックス効果が得られると同時に血行が良くなることで、健康や美容にも良い効果が期待できます。

ホテルではなく自宅でジャグジーバスに入ることができる。これはかなりの優越感に浸ることができますし、精神的にも余裕が生まれるでしょう。

ジャグジーバスのお湯が出てくる穴の数や位置(底面か壁面か)、水流の強さ(調節可能)などは、ジャグジーバスの種類によって異なってきます。

またサイズも色々あり、家庭用としてはユニットバスにジャグジーバス機能が付いたものに人気が集まってきています。

ジャグジーバスのメリット

  • マッサージ効果
  • リラックス効果
  • 美肌効果

先ほどお話したように、ジャグジーバスのメリットとして挙げられるのは健康・美容面での効果です。

お風呂に入るだけでも血行促進効果はありますが、ジャグジーバスによりその効果はより高まります。

その結果、ジェット噴射によるマッサージ効果、精神面でのリラックス効果、美肌効果が期待できるのです。

ジャグジーバスのデメリット

  • 音・振動が気になる場合も
  • 定期的な掃除が必要
  • 機種により入浴剤が使えないことも

ホテルや銭湯などで使ったことがある方はわかると思いますが、結構な音、振動があります。なので集合住宅での設置は難しいかもしれません。

一軒家の場合も、設置後に近隣住民とトラブルになるのは避けたいところ。事前にどの程度の音・振動なのかを確認しておいた方がいいでしょう。

後で掃除についても触れますが、構造上汚れが溜まりやすいので、定期的な清掃が必要となります。

また機種により噴射口が詰まる可能性がありますので、入力剤は基本的に避けた方が無難です。使用する際はジャグジーバスの説明書をよく確認しましょう。

ジャグジーバスの設置費用は?

ジャグジーバスの魅力を知り「ぜひ設置したい!」となった時、気になるのは設置費用ですよね。

浴室をリフォームする際にジャグジーバスを設置すると、どれくらいの費用がかかるのか調べていきたいと思います。

ジャグジーバスの設置費用として必要となるのは、工事費用と商品代金の2つになりますが、浴槽だけのリフォームと浴室全体のリフォームでは金額が異なります。

ユニットバスの交換のみの場合

一番よく行われるのは古いユニットバスを新しいユニットバスに入れ替え、そのオプションとしてジャグジーバスを導入するというケースです。

この場合、ユニットバスの費用で50~100万円、ジェットバス追加費用として15~30万円、これに工事費で20~30万円かかります。

合計すると85~160万円くらいかかる計算になります。

浴室全体のリフォーム(在来工法の浴室にジャグジーバスを導入する場合)

在来工法で造られた浴室にジャグジーバスを導入する場合も、ユニットバスの費用50~100万円、ジェットバス追加費用15~30万円については変わりません。

在来工法の浴室は、昔ながらのタイル貼りのお風呂をイメージして頂ければOKです。

この場合、ユニットバスを交換する場合と比較して大掛かりな工事になるため、50~100万円程度の工事費がかかると思っていた方がいいでしょう。

ジャグジーバスのお手入れ方法とは?

ジャグジーバスを快適に使うには定期的な掃除が必要となります。通常の浴槽に比べてたくさんのお湯が出入りしますので、汚れが溜まりやすくなるからです。

掃除を怠るとジャグジー機能が弱くなり、本来の力を発揮できなくなってしまいます。週に一度を目安に、噴気口、取水口、吸込口などを、月に一度は配管の洗浄も必要になります。

週に一度の掃除はゴム手袋をして、市販の浴室用中性洗剤を使いブラシで洗えばOK。

月に一度の掃除には風呂釜洗浄剤を使います。残り湯でもいいのでお湯を張り、そこに洗浄剤を溶かしてジェットバスを運転します。

ジャグジーバスや洗浄剤の種類により使用方法が異なりますので、説明書をしっかり確認した上で使用してくださいね。

ジャグジーバスではお湯の温度が下がるってホント?

よく聞かれる質問です。「ジャグジー機能が付いていることにより、お湯の温度が下がる」と思われる方が多いようですが、そんなことはありません。

従来のジャグジーバスではそういったことがありましたが、近年の技術の進歩により保温性能が向上しています。

だから安心してください。ジャグジーバスでもお湯の温度の低下を気にすることなく、安心して使うことができます。

ショールームで体感してみる

近年、ジャグジーバスはご家庭でも気軽に利用することができる設備の一つとなっています。

「どのようなジャグジーバスを設置したいのか」がはっきりしていれば、プランニングの際にもより具体的になります。

カタログだけ眺めていてもイメージがしづらいので、実際にショールームや住宅展示場などに出かけて体感してみることをオススメします。

自分の好みに合ったジャグジーバスがイメージできると思いますよ。

ジャグジーバス導入費用を安くする方法

相見積もり(複数から見積もりを取ること)でジャグジーバス導入費用が数十万円単位で下がった事例を数多く見てきました。

タウンライフリフォームではジャグジーバスの相場を確認したり、厳しい審査を通過した300社以上の優良業者に一括見積りをすることができます。

入力はわずか3分で完了。完全無料ですぐに相場を確認することができます。

>>ジェットバスの相場をチェックする