浴室をユニットバスにリフォームすることで、防水性や保温性が高くなり、快適に生活することができるようになります。また、ユニットバスは工期が短く、費用が少なくてすむというメリットもあります。

そんなユニットバスへのリフォームについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

ユニットバスのメリット

浴室を在来工法で造られたものからユニットバスへリフォームする場合の費用や期間を述べる前に、ユニットバスのメリットについて考えていくことにしましょう。

マンションはもちろんですが 、ユニットバスは戸建て住宅でも主流になってきています。このユニットバスのメリットには、一体どのようなものがあるのかご存知でしょうか?

ユニットバスは、工場で生産された部材やパネルを現地に運び組み立てるというものです。ユニットバスを使用した工法は、在来工法で行う浴室リフォームに比べてはるかに工期が短く、仕上がりは均一で品質も安定しています。

また、防水性や保温性が高いというのも特徴です。ユニットバスでは、最近話題になっているヒートショック現象を防ぐこともできます。

ヒートショック現象とは、例えば冬に脱衣所と浴室の温度差が大きい場合など、急激な温度変化により、血圧が急変することで体に悪影響(脳卒中、心筋梗塞など)を及ぼすことです。

ユニットバスは、狭くて使い勝手が悪いというイメージを持っておられる方も少なからずいると思いますが、そんなことはありません。

最近のユニットバスは開口部に合わせて自由に大きさを変えられるものがあるので、在来工法で造られた開口部がユニットバスの大きさに合わずに空間が余ってしまう、といったこともありません。

ユニットバスを選ぶ時のポイント

戸建ての浴室の場合、在来工法からユニットバスにリフォームされる方が多くいます。しかし、既存の浴室を解体するまで、床下や天井裏、給排水管の配管の状況などが分からないというケースが多くあります。

そのため、使用できる部材にも配管を簡単に接続することの出来るパーツや、床高の調整金物など、多種にわたって対応できるモノが増えてきました。

また、既存の窓を生かして設置することができる商品も豊富に提案されていますので、以前のように既存の窓を塞いでしまうということもなくなりました。

そのため、在来工法の浴室をユニットバスにリフォームする際も、安心して行うことができます。

ユニットバスを選ぶ際には、どのような機能が必要なのか、空間をどれくらいまで有効に利用するのか(開口部いっぱいまでか少し余裕を残すのか)、予算はいくらなのか、といったことを、依頼する工務店やリフォーム会社に伝えることが必要です。

また、搬入経路や工事スペースの条件を満たしているのかも重要になってきます。いくら「このユニットバスが良い」と言っても、搬入出来なければ仕方がありません。

そこで効率の良いプランニングをするためには、何を優先させるのかを決めることが大切になってきます。

スポンサーリンク

ユニットバスへのリフォーム期間は

%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%90%e3%82%b9%e3%81%b8%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0

在来工法からユニットバスへのリフォーム期間ですが、何もない状態、つまり新築の場合は5~6日程度で設置することができます。ですが既存の浴室がある場合は、解体工事も必要になってきますので10日~20日は必要になってきます。

リフォームの際に発生する廃材を簡単に屋外に排出することができれば早いのですが、排出ルートが狭いあるいは室内を通らなければ排出することができないとなると、工期はもう少しかかってくることになります。

また、配管においても給水位置や排水位置を移動させなくても配管出来る場合は時間がかかることはありませんが、移動あるいは排水管を延長しなくてはならない場合は、さらに2日~3日の期間が必要になってきます。

ユニットバスをリフォームする際には、配管の移動の有無や廃材の搬出経路などについて調べることで、より正確な期間を把握することができるようになります。自分で確認することが難しい場合は、依頼するリフォーム業者に相談し、調べてもらうようにしましょう。

在来からシステムバスに変更する費用は

在来工法の浴室をユニットバスに変更する場合ですが、ユニットバスの機能や設備機器によって変わってきます。一般的な相場で言えば、ユニットバス本体で50万円~80万円、工事費用で30万円~50万円となります。

リフォームする前に読んでおきたかった…

「これを読んでいれば騙されなかったのに…」

リフォームで失敗した人に見せると口を揃えて言います。それがリフォームの虎の巻である「青本」と「赤本」です。

悪徳業者に騙されないためにも、いざその時になって慌てないためにも、目を通しておくことをオススメします。

今はリフォームの必要がない人も、いずれ必要になる時が来ます。青本と赤本で得た知識は必ず役に立つはずです。

請求はわずか1分で完了。在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひ今のうちに無料で手に入れてください。

優良工事店ネットワーク公式サイト:https://ykn.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています