キッチンのリフォームを考えている方の大半が、調理器具で悩んでいます。最新のキッチンを見てもIHクッキングヒーターが主流となってきています。

そのためにIHクッキングヒーターが良いと思われる方が多くいますが、その考え少し待っていただけませんか?

調理器具を選ぶ上で何を参考にすればよいのか考えていきましょう。

スポンサーリンク

IHクッキングヒーターの仕組みと特徴

キッチンメーカーのショールームを覗くと、システムキッチンに組み込まれている調理器具の大半がIHクッキングヒーターを採用しています。

実はこれ、キッチンをスッキリと見せるためにわざとIHヒーターにしているのです。

IHヒーターの仕組みをご存知ですか?IHヒーターは、電磁調理機器のことで、内部に配置されているコイルに電流が流れ、専用の調理器具を自己発熱させているのです。

加熱の原理は誘導加熱と呼ばれるもの。つまり、電気コンロと同様に電力によって過熱を行います。よって燃焼を伴いませんので室内の空気を汚すことなく調理することができます。

また、安定した加熱管理ができますのでスープやカレーなどの煮込み料理に適しています。しかし、中華料理のように強力な火力が必要な料理には不向きとも言えますね。

IHヒーターの安全性

IHヒーターは先ほどもお話したように、直接火を使うということがありませんので、火傷や着衣に火が付くという心配はありませんし、立ち消えなどの心配もありません。

また有害な窒素酸化物も発生しませんので幼い、お子様やご高齢の方が居るご家庭には最適な調理機器と言えるでしょう。

しかし、IHヒーターにもガスコンロと同様に高温となる部分があります。たとえばガラストップなどがそうですね。

先ほど火を使わないので火傷や着衣に火が付くということはないと言いましたが、これはあくまでも直接火を使わないということが前提となります。

直火による火傷や発火がないというだけであり、IHヒーターも部分的には高温になりますので、その部分に手を持って行けば当然火傷をする恐れがあります。

またプラスチック製の調味料入れなどを放置しておくと火災の原因にもなりますので注意が必要となります。

ガスの種類を確認

ガスコンロはガスの種類によって器具を変える必要があります。たとえば、新しい住まいを購入して住んでいる地域が変わった場合、現在使っているガス器具が使えない場合があります。

一般のご家庭で使われているガスには、都市ガスとプロパンガス(LPG)があります。また同じ都市ガスでも関西と関東では都市ガスの種類が違います。

関西では13A、関東では12Aとなっていますが、各メーカーは都市ガス用の器具はどの地域でも使えるようになっていますのでそこはご安心下さい。

ただガスの種類が違った調理器を使った場合、火災や故障の原因にもなりますので、必ずその地域でのガスの種類をチェックすることを忘れないで下さいね。

ガス器具の選び方

ガス器具の天板には、ホーロー製・ガラスコート・ガラストップ・アルミ製・ステンレス製などがあります。

どの天板にもそれぞれ良い点と悪い点がありますので、どれが良いのかという質問にはお答えすることはできません。つまり好みで選んでいただいて構わないと思います。

ただし、天板の種類によって価格はかなり変動しますのでそこはお財布とご相談下さい。

ガス器具の場合、火力が気になるという方が多いと思います。以前は左右どちらかが高火力でしたが、最近のガス器具は、両方高火力・低火力といったダブル機能が搭載されていますので好みの料理が両方で調理することができます。

また、グリル機能も単に魚を焼くだけというものではなく、オーブン機能が付いたものもありますので、親子でお菓子作りなども楽しめることができます。

スポンサーリンク

IHヒーターとガスコンロの価格は

両者の価格を比べた場合、ほぼ同様の費用がかかります。IHクッキングヒーターの価格は、150,000円~250,000円、ガスコンロの場合は、100,000円~250,000円と似たような金額になっています。

また、安全性・使い勝手などの場合でも、各メーカーとも安全対策については十分な昨日を搭載していますので、ガスコンロだから危険、IHクッキングヒーターだから安全といったことはありません。

結局、どっちが良いの

どちらが良いのという考え方ではなく、ライフスタイルや家族構成を考えることが大切です。例えば、夫婦の共通の料理は何かで日々の調理が見えてきます。

炒め物や焼き物が多い食生活ではIHヒーターよりもガスコンロのほうが使い勝手がいいですし、煮炊きものが多いご家庭ではIHヒーターのほうが使い勝手が良いということになります。

さらに、奥様が専業主婦というご家庭では、ガスコンロでも十分に安全性が得られますが、小さなお子様や高齢者の方が居るご家庭ではIHヒーターの方がより安全性を得られることになります。

このように、一概にどちらが良いというよりも、自分の生活においてどちらが使い勝手がよいのかを考えることが基本となります。

どちらにするのか悩んだ時は、現在の家族構成や食生活を思い浮かべるようにすれば必然とどちらが良いか答えが得られると思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています