ALCパネルは「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の略称で、直訳すると「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」のこと。

ただこれだと専門的過ぎてよくわからないですよね。かなりザックリですが、「ALCパネルは軽くて丈夫なコンクリート」とイメージ頂ければOKです。

ALCパネルは主に中低層建築の外壁や床、超高層マンションの廊下やバルコニー側の外壁に用いられています。

この記事ではALCパネルの特徴(メリット・デメリット)について詳しく解説していきたいと思います。

ALCパネルのメリット

  • 軽い
  • 耐久性が高い
  • 断熱性が高い
  • 耐火性が高い
  • 遮音性が高い

ALCパネルの特徴として挙げられるのが無機質材料を原料としていることです。内部に細かい気泡を含むため非常に軽いです。

なんとその軽さは通常のコンクリートと比較して約1/4程度。軽いので職員も施工しやすく、工期を短縮することができます。

軽いことは地震の際の負荷の軽減にも繋がります。定期的なメンテナンスを行えばパネル自体の耐用年数は50年以上。耐久性は半端ないです。

また断熱性にも優れるため、断熱剤を併用することで「夏は涼しく冬は暖かい」という環境を手に入れることができます(地域により冬はストーブが必要です)。

ALCパネルは耐火性にも優れており、火事にも強いです。耐火建築物の外壁や間仕切り壁、防火区画などにも用いられているほど。

更に、内部の気泡が音を吸収することで遮音性にも優れます。生活音が気になる人にはオススメできます。

一般住宅や小規模ビルでは、主要構造には鉄骨造を用いて、外壁にALCパネルを貼るといった組み合わせが一般的な使われ方です。

また、外壁用パネルの場合は、凹凸を用いたデザインパネルやタイルを貼るなど、装飾性が重視されています。

ALCパネルのデメリット

ALCパネルのデメリットは主に以下の3つ。

  • 水に弱い
  • つなぎ目が多い
  • 値段が高い

ALCパネルは耐久性が高いので意外と思われるかもしれませんが、水に弱いという側面があります。

水分を吸収しやすい特性があるため、パネル内部の気泡に水が侵入すると、ひび割れなどの原因になります。

「濡れたらダメならALCパネルは使えないでしょ。雨だって降るんだし」当然そう思われますよね。

安心してください。解決策はあります。外壁をきちんと防水塗装すればOK。これで内部結露や剥落(はくらく:はがれ落ちること)・劣化を防ぐことができます。

また塗るのではなく、パネルを貼り付けていく仕様のため、どうしてもつなぎ目が生じてしまいます。デザイン的に気になる方もいるかもしれません。

ただこのつなぎ目はシーリングをしっかり注入することで雨水の侵入を防ぐことができますのでご安心ください。

最後に値段ですね。品質が高いだけあり、どうしても高くなってしまいます。

いくら耐久性が高いとはいえ、定期的なメンテナンスが必要になりますので、それを考慮した上で検討して下さいね。

ALCパネルの注意点

ALCパネルについて知っておくべき知識についてお話します。

まずはALCパネルの塗り替えの時期について。目安としては以下の症状が見られた時になります。

  • チョーキング現象(表面塗膜が劣化することで塗料の防水効果が切れた時にみられます。手で擦るあるいは触ると白い粉状の汚れがつく状態のこと)
  • 変色・退色
  • ヘアクラック(細かい亀裂)
  • カビや苔の発生
  • 塗膜の膨らみ
  • 塗膜の剥がれ
  • 欠損・爆裂

ここでちょっと裏話を。

手抜き工事ではないのですが、建売住宅で工事単価を抑える必要がある場合、安価な塗料を使用していることがあります。

その場合6年~7年、長くても10年程度で塗り替えをする必要があります。また、表面の気泡の穴が埋められていない場合がありますので、点検の際には注意して見るようにして下さい。

塗り替えをする際には、水の侵入を防ぐシーリング材の打ち直しも同時に行う必要があります。シーリングが固くなると防水効果がなくなりますので、日ごろから点検しておくことをおすすめします。

ALCパネルの断面から剥がれている場合は、古いシーリング材を取り除き、新たに打ち直さなければなりません。

またALCパネルに用いられる塗料ですが、アクリル系塗料・ウレタン系塗料・シリコン系塗料・フッ素系塗料が使われます。

一般的に広く用いられる塗料は、水性シリコン系塗料あるいは水性ハルス系塗料が使われ、2回塗りが基本とされています。

塗装方法については、現在の外壁の状況に合わせた塗装を行うことにより、外壁の耐久性を伸ばすことができます。

これで失敗しない!外壁・屋根塗装業者の正しい選び方

未だに増え続けるリフォームのトラブル。中でも外壁・屋根のリフォームが全体の40%以上を占めているのをご存知でしょうか?

外壁と屋根の塗装工事には高い知識と技術、実績が求められます。

ただ地元の塗装業者に依頼するとしても、どの会社が悪徳業者かわかりませんし、1軒1軒電話やメールで相談したり、金額を比較するのはとても大変ですよね。

そこで、その大変な作業を代わりに行ってくれるのが、外壁塗装・屋根塗装の一括見積もりサイトです。

簡単な質問に答えるだけで、地元の優良業者を紹介してもらえるサービスを無料・匿名で利用することができます。

>>【完全保存版】失敗しない外壁・屋根塗装業者の正しい選び方