住居の外壁の色を変更する際には、外壁に使用する塗料を選ぶ必要があります。ここでは、そんな外壁の塗料を選ぶコツについて、詳しく説明していきます。

メーカーによって色が違う

自分の住まいの外壁に、どのような色がフィットするだろうか、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。しかし、外壁の塗料は、仮に同じ色であってもメーカーによって微妙に色合いが異なるため、注意が必要です。

ちなみに、塗料メーカーは、エスケー化研・関西ペイント・日本ペイントの3社が日本のシェアの大半を占めているという状況です。

ここではまず、外壁塗料の色選びのポイントを考えていくことにしましょう。

塗料の色は、見る場所や光の具合、温度・湿度、季節によって印象が異なります。また、周囲との色合いの関係でも、異なった見え方をします。そのため、外壁の色を選ぶ際には、周りとの色合いも考える必要があります。

たとえば、個性を出そうと原色に近い色を選んでしまうと、その色が強調され、周りから浮いて見えてしまいます。またそれだけでなく、原色を選ぶと緊張感のある景観になってしまうことがあります。

一時期、楳図(うめず)かずお氏のトレードマークである赤と白のストライプの住まいが周囲の景観を乱しているとワイドショー等で報道されていたことは記憶に新しいと思います。

特に、閑静な住宅街であることを売り出している街では、原色のような色は避けるのがマナーです。また、周囲が緑に囲まれた住宅地の場合は、木々や植物の葉っぱより抑えた色を外壁の塗料に使用し、木々の緑を引き立たせることが大切になってきます。

外壁の汚れが目立たない色ってあるの?

自動車駐車場

よく、自動車を購入する際に、色を何色にするのか迷いますよね。自動車の塗装においても、汚れや傷が目立つ色があります。

自動車の場合、黒や白、赤など原色に近い色は、汚れや傷が目立ちやすく、逆に、ベージュやグレーといった色はキズや汚れが目立ちにくくなっています。これは外壁にも言えることで、外壁の塗料にも汚れが目立ちやすい色、目立ちにくい色というのがあります。

一般的に、住居の外壁の色の場合では、白や黒が汚れなどが目立ちやすい色となっています。また、紺や朱色といった色は色あせしやすく、施工後数年経過すると、結果的に汚く見えてしまいます。

住居の外壁の色で、汚く見えない色とは、周囲にマッチした色です。個性的な色も良いのですが、折角の景観が壊れてしまうということがあります。なので、周囲の建物の屋根や外壁の色を見て下さい。そして、この風景にはどのような外壁の色が似合うのかをイメージするといいでしょう。

カラーサンプルだけでは分かりにくい?

リフォーム会社にカラーサンプルを見せてもらう際、サイズも小さいことが多く、どうしてもイメージしづらいという場合があります。このような場合、カラーシミュレーションの制作を依頼することになります。

ただしカラーシミュレーションはあくまでもイメージ画像であるため、実際のモノとは異なります。「このような色を使えばこんな感じになるのか」というイメージを把握する程度に留めておいて下さい。

また、冒頭でも触れましたが、使用する塗料メーカーにより、同じ色を使って塗装しても、仕上がった感じが異なることが多くみられます。

そこでおすすめなのが、カラーシミュレーションのイメージ画像に加え、そのイメージで使った塗料を大きい板(B5版もしくはA4版サイズ)に実際に塗装してもらうという方法です。そうすれば、イメージ画像を見ながら実際の色も直接見ることができるため、色決めがしやすくなります。

外壁塗装のリフォームには高額な費用がかかります。「え?これイメージと全然違うんだけど!」と後悔しないためにも、納得がいくまで業者の方と話し合うようにしましょう。

これで失敗しない!外壁・屋根塗装業者の正しい選び方

未だに増え続けるリフォームのトラブル。中でも外壁・屋根のリフォームが全体の40%以上を占めているのをご存知でしょうか?

外壁と屋根の塗装工事には高い知識と技術、実績が求められます。

ただ地元の塗装業者に依頼するとしても、どの会社が悪徳業者かわかりませんし、1軒1軒電話やメールで相談したり、金額を比較するのはとても大変ですよね。

そこで、その大変な作業を代わりに行ってくれるのが、外壁塗装・屋根塗装の一括見積もりサイトです。

簡単な質問に答えるだけで、地元の優良業者を紹介してもらえるサービスを無料・匿名で利用することができます。

>>【完全保存版】失敗しない外壁・屋根塗装業者の正しい選び方