この記事では耐震リフォームする際の業者の選び方についてお話していきます。

スポンサーリンク

大切な住まいを守るためには

生活をしていく中で、誰もが安全で安心した生活を送りたいと願っていることでしょう。もちろん私もそうです。そこで安全な住まいをつくるために必要不可欠なのが耐震性です。

地震大国と言われている日本はいつ地震が起こってもおかしくないのです。そのため日ごろからの備えと住まいの耐震性を高める必要があります。

しかし、当然ですが耐震性を高めるためには費用が必要となります。工事によっては家計を圧迫するほどの金額になります。

そのためむやみに耐震性を高めるのではなく、現在の住まいではどの程度の耐震補強をすればよいのかを知っておく必要があります。その情報を与えてくれるのが耐震診断です。

耐震補強リフォームの場合、新築とは違い付け足すあるいは取り替えるといった工事になりますので、誠実で施工能力のある業者を選ばなくてはなりません。

大切な家族と住まいを守ってくれる耐震補強工事ですので、確実な業者を選ぶことが大切です。

悪質な業者とは

耐震診断は、専門的な分析を必要とする診断です。

突然家に来たセールスマンが、「お宅の家は耐震性に問題があるように思うので、耐震診断を行った方がいいですよ」と言い、その場で調査して耐震性に弱いのですぐにでも耐震補強工事をした方が良いと、契約書にサインを求めてくる悪質な業者が後を絶ちません。

またこういった業者の共通点は、耐震診断は無料と言っておきながら、診断後の工事を断ると高額な請求がくるといったケースが多くあります。

耐震診断は、先ほども言ったように専門的な分析が必要になるため、その場で工事が必要だと断言できるケースは稀です。

基本的に調査当日には結果は出ず、正確な補強個所や施工方法などは後日報告書が届きますので、当日中に契約を迫る業者には十分注意して下さい。

スポンサーリンク

恐怖心をあおる・目に見えない個所の工事を進める

%e5%95%86%e8%ab%87%e6%88%90%e7%ab%8b

良くある手口が、「この家は震度5程度の揺れで倒壊します」「現在のまま住まい続けると家が危ない」などと言って、聞き手側の恐怖心をあおって契約を迫る業者です。

もちろん中には本当に危ない家屋もありますが、その場合でも恐怖心をあおると言った行為はしません。

また家屋全体の耐震診断を行わず、床下や屋根の補強を強く進める業者や必要もない金物を見せて、むやみに取り付けを勧める業者にも注意が必要です。

この場合、住まいの全体のバランスが崩れて本当に震度5以下の地震で倒壊してしまうことがあります。こういった業者もまた法外な金額を請求してくるケースが多くあります。

地域に密着した業者あるいは工事実績のある業者に

耐震診断や耐震補強といった技術は阪神淡路大震災以降にできた新しい技術です。そのため独り親方の業者では実績がない場合が多くあります。

よって耐震リフォームを行う場合は、経験が豊富で丁寧な仕事をしてくれる業者に依頼するのが賢い業者選びと言えるでしょう。

地震はいつ発生するか予想もつかないもの。そこで、定期的に住まいの状況をチェックしてもらえるように、近くの信頼できる工務店に依頼するのが賢明だと私は思います。

リフォームする前に読んでおきたかった…

「これを読んでいれば騙されなかったのに…」

リフォームで失敗した人に見せると口を揃えて言います。それがリフォームの虎の巻である「青本」と「赤本」です。

悪徳業者に騙されないためにも、いざその時になって慌てないためにも、目を通しておくことをオススメします。

今はリフォームの必要がない人も、いずれ必要になる時が来ます。青本と赤本で得た知識は必ず役に立つはずです。

請求はわずか1分で完了。在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひ今のうちに無料で手に入れてください。

優良工事店ネットワーク公式サイト:https://ykn.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています