今回は耐震リフォームの相場について、また耐震基準についても簡単にお話していきます。

スポンサーリンク

耐震基準とは

耐震リフォーム工事の費用についてお話をする前に、まず耐震基準についてお話をします。これは現在お住いの住居が築何年であるかによって工事費用も変わって来るのです。

耐震基準が施行されたのはかなり昔で、大正時代まで遡ります。耐震基準とは、建物が地震の震動に耐え得る能力を定める基準で、関東大震災(1923年)の翌年に世界に先駆けて我が国が施行した基準です。

この基準は1980年(昭和56年)まで適用されていましたが、翌年の1981年に耐震基準が大きく改正されました。その後、細かな部分の改正が行われてきましたが大まかな内容は変わっていません。

旧耐震基準と新耐震基準

旧耐震基準の場合、中規模な地震に対しては耐えるように設計されていますが、大規模な地震に対しての備えはされていません。

しかし、新耐震基準では中規模な地震に対しては損傷しないことはもちろんのこと、大規模な地震に対しても倒壊しないとされており、平面と立面的にバランスよくすることなどが要求されているのです。

つまり、旧耐震基準で建てられた建物の場合、大規模な改修が必要となってきますが、新耐震基準で建てられた建物の場合は、小規模な改修で済むのです。

スポンサーリンク

耐震リフォーム工事の相場

耐震を目的としたリフォームの場合、50万円以下、51万円以上100万円以下、101万円以上といった価格帯になっています。これは住まいの状態によって異なることと、旧耐震基準と新耐震基準によっても大きく価格が変わってきます。

その理由として、新耐震基準の場合、構造に手を加えなくても補強することができますので価格も100万円以下でできますが、旧耐震基準では構造上の補強が必要となりますので、100万円以上の費用が掛かってきます。

耐震リフォーム費用の相場を知ることが大切

突然、「貴方の住まいはとても危険な状態になっています。今すぐ耐震補強の必要があります。」と言われたらあなたはどうしますか?

建物の耐震性というものは外観からは分かりませんが、そこに大きな落とし穴があるのです。耐震補強リフォームと称して法外な金額を請求してくる悪質な業者もいます。

そこで、耐震リフォーム工事の大体の金額を把握しておくことにより、耐震工事の見積書を見て高過ぎると言った場合に対しても対処することができますので、一般的な金額を知っておくことが大切です。

耐震リフォームには、材料費はもちろんですが、工事手間、機械器具費用、解体・撤去処分費用や諸経費などの項目で見積書が作成されてきます。

しかし、中には一式いくらといった見積書を作成してくる業者もいます。こういった業者は要注意と言っても過言ではありません。

一般的な相場として、耐震診断費用として10万円前後、耐震金物の取り付けで40万円前後、筋交いの設置費用は20万円~25万円となっています。また少し大掛かりな耐震リフォームの場合は50万円~100万円となっています。

少し余談ですが、耐震性能を向上させることにより、地震保険料が割引される制度があります。これに関しては、お近くの損保会社または取引のある代理店に確認してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています