様々なメリットのある太陽光発電システムですが、メリットだけではなく、デメリットもあります。

スポンサーリンク

太陽光発電の寿命

太陽光発電システムの導入にあたり、かかる費用の次に皆さんが気になるのはその寿命ではないでしょうか。

法的な耐用年数は17年ですが、ソーラーパネルに至っては、一般的な寿命は20年~30年、パワーコンディショナーは10年~15年となっています。しかしこれはあくまでも目安です。

よく白物家電の寿命は5年~7年と言われていますが、使い方次第では10年以上使っている家電が沢山あると思います。つまり、15年を経過したから必ず故障するとは言えないのです。長く使えるかどうかは丁寧に使い続けられるかということです。

しかしこれらはあくまで使う事ができるかどうかについてであり、新品と同じだけの出力が得られるかどうかはまた別問題ですのでご注意下さい。

パワーコンディショナーについて簡単に説明しておきます。

パワーコンディショナーとは太陽光発電システムを構成する一部分で、太陽電池で発電した電力をご家庭で使用できるようにする機器です。

電気には直流と交流があるのは皆さんもご存知だと思います。一般家庭で使用できる電気は交流です。しかしソーラーパネルで作られた電気は直流ですのでこのままご家庭で使用することはできません。

そこでこの機器により直流から交流に電力を変換することでご家庭でも使用が出来るようにしているのです。

経年劣化による出力の低下

20年を超えて使い続けることは可能ですが、一定期間を過ぎると摩耗や劣化により機器の故障率が上がってくるのは事実です。

適切なメンテナンスは寿命を延ばすことはできますが、出力までは伸ばすことはできません。太陽光発電システムの導入を考える場合、このことを念頭において計画することをおススメします。

スポンサーリンク

太陽光発電システムの様々なデメリット

太陽光発電システムの最大のデメリットは、新規設置に小規模のものでも数十万円、一般的な家庭の電気を賄えるシステムの場合は百万円~数百万円の費用がかかるということです。

また、設置する場所が庭や空き地のような平坦ならば何の問題もありませんが、一般的に太陽光発電システムは屋根に設置しますので、住まいにかかる荷重は相当なものです。

太陽光発電はその名の通り太陽光をエネルギーとして発電します。天候によって発電する電力量に大きな差がでますし、設置する土地柄によっても大きく左右してきますので、設置を検討中の方は自分が住んでいる地域の日照時間が長いかどうかを確認する必要があります。

また、太陽光発電システムは全てに蓄電装置が付いている訳ではありませんので、電気を貯めるということが出来ない場合があります。さらに、商品によって一戸建てや持ち家でなければ設置することができない種類もありますのでご注意下さい。

最後に、よく設置費用は電気を売る(売電)ことで回収することができると言われていますが、100%の回収を考えるのならば最低でも10年間は運用しなければなりません。

つまり10年間使い続けてはじめて投資した分の金額を回収できるのです。電気を作ることでお金が儲かるということはありませんのでご注意下さい。

以上、太陽光発電に関するデメリットについてお話しました。太陽光発電システムを導入される方はメリットだけでなく、デメリットについても十分把握しておきましょう。

リフォームする前に読んでおきたかった…

「これを読んでいれば騙されなかったのに…」

リフォームで失敗した人に見せると口を揃えて言います。それがリフォームの虎の巻である「青本」と「赤本」です。

悪徳業者に騙されないためにも、いざその時になって慌てないためにも、目を通しておくことをオススメします。

今はリフォームの必要がない人も、いずれ必要になる時が来ます。青本と赤本で得た知識は必ず役に立つはずです。

請求はわずか1分で完了。在庫がなくなり次第終了となりますので、ぜひ今のうちに無料で手に入れてください。

優良工事店ネットワーク公式サイト:https://ykn.jp/

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています