今回は太陽光発電の概要について簡単に説明した後、太陽光発電には実際どのようなメリットがあるのかお話していきます。

スポンサーリンク

太陽光発電とは

太陽光発電とはその名の通り、太陽のエネルギーを太陽電池を利用して直接的に電力にする発電方式をいいます。

ソーラーパネルを屋根などに設置することにより、パネルが太陽から受けたエネルギーを一般家庭や工場などで使用可能な電気に変換することができるのです。

これらのシステムを、ソーラーパネルを使用していることから一般的に「ソーラー発電」と呼ばれています。

最近では、よく一般に住宅の屋根に見かけるようになりましたし、各自治体や区域・団体などで空いている土地を利用して太陽光発電を行っています。

発電の仕組みは

太陽電池を並べて作られたソーラーパネルを使って発電するという仕組みで、風力発電や水力発電と同じ、再生可能エネルギーを使って発電します。

そのため環境問題になっている一酸化炭素や二酸化炭素などを発生させることなく、地球温暖化対策に貢献している発電システムです。

大規模な工業用太陽光発電は別として一般家庭に用いられている太陽光発電システムについて追記すると、環境に優しいことはもちろんですが、毎月の電気料金を節電することができ、余剰電力を電力会社に買い取ってもらえる売電システムがあります。

スポンサーリンク

太陽光発電のメリット

太陽光発電システムの最大のメリットは自宅で電気を作ることができるということです。電力需要時間の電力削減に効果を発揮し、地球環境にも貢献しています。

まず、電力を自宅で作りますので電気料金を大幅にカットすることができますし、先程お話したように余った電力を電力会社が買い取ってくれるというシステムがあります。

また、自然災害時に停電になった場合でも電気を使うことができます(ただし蓄電式のものに限ります)。

太陽光発電システムを導入する際には、国や地方公共団体からの補助金制度を利用することができますので自己資金が少なくても導入することができます。

また、補助金の対象となるための条件にメーカー補償が必要ですが、これも自動的に付いてきます(メーカーによって保証は異なりますので注意が必要)。

さらにオプションとして、自然災害時の補償・停電時の補償・補償期間の延長など充実したサービスが受けられます。

設置導入に必要な条件が少ないですし、設置可能な場所が多くある上、煩わしいメンテナンスもほとんど必要ありません。使用されている部品や機器などリサイクルできるものも多くあります。

また石油燃料を使いませんので、有害な廃棄物などが発生することがありませんので、地球環境に優しい発電方法と言えます。

最近の傾向としては、電力会社に余った電力を売る(売電)ことよりも、蓄電池に蓄電する方が多くなりました。これは自然災害に対する備えとしている方が多く、先の阪神淡路大震災や東北沖地震の影響が多くあると言えます。

また今後、停電や電気代の高騰といったものが無くても、原子力・火力発電に頼らないエコエネルギーが主流となってくると言えますし、それだけ市場価値も高くなっていくと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています