現在社会において自動車は無くてはならない時代となっており、駐車場のリフォームをされる方が増えています。

自動車は一家に1台ではなく一人に1台の時代となっていますので、当然のことながら駐車場も拡大しなくてはいけません。

ただ、自動車に比べて自転車の置き場を確保していない方が多くいるのも事実であり、駐車場のリフォームを行う際に一緒に駐輪場も設置してみませんか。

この記事では駐輪場の大切さや駐輪場の種類などについて調べていくことにしましょう。

スポンサーリンク

自動車同様、自転車も風雨や直射日光から守りましょう

自動車もそうですが、自転車も1人に1台が当たり前の時代となっていますし、お子さんが居るご家庭では、お子様1人に対して2台持っている方も少なからずいます。

また、日頃の運動不足解消や節約のために自転車で通勤している方も多くいます。このように生活の一部となっている自転車の保管場所をサイクルポートといいます。

サイクルポートは大切な自転車を雨や風、直射日光といったものから自転車を守ってくれます。

風雨や直射日光に当たり続けると、フレームの色が変色・剥げる、また部品が錆びるといったトラブルが起こります。これらから自転車を守ってくれるのがサイクルポートで、最近では屋根付きが主流となっています。

サイクルポートのメリット

駐輪スペースを確保するメリットとして、自転車の出し入れがしやすくなることが挙げられます。乱雑に止めていた自転車をすっきりと整理することができるのです。

また、自転車専用スペースを確保することで、家周りを機能的で見た目も美しい環境に保つことができます。

サイクルポートの種類と機能

サイクルポートには、2本の支柱に屋根が付いただけのシンプルなタイプや、雨や風の吹込みを防いでくれる三面囲いタイプ、柱や垂木を太くした豪雪地帯用タイプなどがあります。

サイクルポートを設ける場合は、所有する自転車の台数(今後増えるだろう台数も見込んでおくことを忘れずに!)や気候を考えることが大切です。

サイクルポートにもカラーバリエーションなどが豊富に揃っていますので、住まいの外観や雰囲気に馴染むものを選ぶのがポイントとなります。

スポンサーリンク

サイクルポートの機能面や自転車の大きさも考慮する

自転車の大きさや所有台数によってサイクルポートの大きさや種類が変わることは、駐車場を設置する場合と同じです。

しかし、所有する台数に対して駐輪スペースが取れない、駐輪スペースが暗いなど問題点がある場合は、オプションを利用することも視野に入れましょう。

例えば、十分なスペースが取れない場合ですが、よく駐輪場に設置しているサイクルキーパーを採用するなど工夫が必要となってきます。

サイクルキーパーとは、隣り合う自転車に高低差をつけることで駐輪台数を増やすことができます。

しかし、タイヤが太いマウンテンバイクや重量感のある電動アシスト自転車は収納することができないことがありますので、設置を検討される場合は所有する自転車が置けるかどうかしっかりと確認することが大切です。

また、駐輪スペースが暗い場合は、節電効果があるLED照明を取り付けるなどの工夫も必要となります。

サイクルポートのリフォームはいつ

サイクルポートを設置する場合、駐車場のリフォームと同時に行う事で工事を一度に行うことができますので、同時に行うことで工事費を抑えることができます。

また、カーポートとサイクルポートを同時に購入することで値引き率が変わってくることが多くありますので費用を抑えることが可能となります。

しかし、駐車場は確保していると言う方は、他のリフォームと同時に行うと手間代を抑えることができます。

まとめ

サイクルポートは、保有台数を収納できるものを選ぶことが重要で、工事についても駐車場のリフォームや他のリフォームと一緒に行うことで工事費用などを抑えることができます。

現在、リフォームをお考え方のは、駐輪スペースも一緒に検討されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています