玄関は単なる出入り口と考えている方はいませんか?それは大間違いです。玄関は言わば住まいの顔でもあるのです。

玄関を利用するのは住まいの住人だけではありません。お客様も利用する場所ですし、来客来て最初に目にするのが玄関です。

スッキリとした玄関はお客様も気分よく家の中へ入ることができます。また玄関は住まわれている人の個性なども垣間見ることができると言われています。

玄関をリフォームすることにより住まい全体の印象も変わってきますし、住まわれている人の個性を発揮できる部分でもあります。

そこで、個性的な玄関でありながら使い勝手も良い玄関にするにはどうすれば良いのか考えていきましょう。

スポンサーリンク

玄関をリフォームする場合のポイントとは

玄関リフォームと言うと難しいように思われがちですが、意外とリフォームの対象となる場所があるのです。たとえば、玄関のドア・収納面・内装面・玄関の明るさや風通しがあります。

玄関ドア

まず、玄関ドアの場合ですが、住まい全体のイメージを壊さないようにするのが重要です。たとえば、和風建築の住まいに洋風のドアでは釣り合いが取れませんし、逆に洋風建築なのに木製の工芸品的なドアでは住まいのイメージを壊してしまいます。

しかし、ある程度の遊び心は必要です。外観がシンプルで落ち着いた感じの住まいだとすれば、濃い色の玄関ドアを選ぶことにより住まいを際立ててくれる場合もありますし、住まいがコンクリートで造られている場合、あえて玄関のドアを木製ドアにしてみるのです。

一見アンバランスのように思えますが、意外と素材の違いが個性的に演出してくれることもあるのです。

「たかが玄関ドアを交換しただけで大げさな」という方もいると思いますが、案外、玄関ドアだけでも住まいを立派に見せてくれるものです。

収納・内装

収納ですが、玄関土間に靴やサンダル・傘などが散乱していると、来客の方もどこに靴を置けばよいのか迷ってしまいますし、玄関ドアを開けた途端、落胆してしまいます。

そこで重要になってくるのが、玄関の収納なのです。

玄関間口の狭い住まいの場合、天井一杯までの収納家具を設置することが多くありますが、天井までの家具だと圧迫感があり余計に狭く感じさせてしまいます。そこで、上下セパレートの家具を設置します。

こうすることにより目線に壁が映ってきますので奥行きがあるように思えるのです。さらに下台のカウンター部分に花瓶に花を活けて置いておくと明るいイメージを演出することができます。

またある程度広いスペースが確保することができるのでしたら、天井一杯までの収納家具を設置すれば重厚感があり玄関が引き締まります。このように玄関の家具を決める際には、圧迫感や重圧感がない家具を選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

玄関の明るさ・風通し

玄関の明るさや通風ですが、南向きの住まいだとあまり問題にする必要はないと言えます。しかし、北向きの場合どうしても玄関自体が暗くなってしまいます。

このような場合は、大抵はリフォームによって解消させることできます。つまり、光の通り道や風の通り道を作ってあげるということです。

光や風が通り抜ける玄関は気持ちの良いモノですし、カビやダニの発生も抑えてくれますので、一石二鳥です。

また照明の明るさも重要となってきます。天井灯も大切ですが、足元を照らしてくれる足元灯も検討する余地はあると思います。

まとめ

玄関は住まいの顔と言っても過言ではありません。スッキリとした玄関はお客様も住まわれている方も気分よく出入りすることができます。

一日の始まりや終わりを気分よくすることで健康的な暮らしを送ることができます。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています