梅雨の時期や冬場の日照時間が少ない時期は、洗濯物が乾かなくて困っているという方が多いのでは?

「サンルームがあれば、部屋干しの嫌な臭いから解放されるのに!」と思っていることでしょう。

そこで今回は、サンルームをリフォームで設置するのはどうすればよいのか、また費用はどれくらい掛かるのか検証していきましょう。

スポンサーリンク

サンルームとは

サンルームとは、太陽光を取り込む場所のこと言い、屋根や壁をガラス張りにした部屋のことです。

基礎をコンクリートでつくり、周囲をガラスで囲いますので、気密性や水密性に優れており、本格的なものであれば、寝室や第二のリビングとして活用することができます。

サンルームを設置する前に

サンルームをリフォームで新設する場合ですが、用途や設置場所を間違えてしまうと、非常に使いにくい空間となってしまいますので注意が必要です。

サンルームを選ぶ場合、用途に合わせて慎重に選ぶことが重要となります。

単に雨の日や花粉の季節に室内で洗濯物を干す程度ならばテラス囲いで十分ですが、第二のリビングとして活用するのならば気密性能・水密性能が高いものにしなければなりません。

また床を土間にして、ペットや子供の遊び場として活用する場合、窓を折れ戸タイプにし、庭と繋げられるようにすれば活用範囲も広がります。

設置する場所も十分検討する必要があります。サンルームを設置する場所は太陽光がよくあたる場所を選ぶことが大切です。

通常は東向きに造ることが多くありますが、住まいの構造上難しい場合は、工務店やリフォーム会社などと、断熱性や通気性について綿密な打ち合わせが必要となります。

サンルームは過ごしやすい空間にすることが重要となりますので、工事実績が豊富な業者に依頼することをおすすめします。

またサンルームは太陽光を取り込む空間ですので、夏場には室内が高温になってしまうことがあります。日よけのカーテンやブラインドなどの設置も検討する必要があります。

サンルームの魅力と活用術

サンルームを有効利用する場合は、第二のリビングとして使うという方法があります。

自然の光が溢れ、四方を見渡すことができる空間で休日に夫婦でお茶などを楽しむことができます。

このように明るい空間に仕上げる場合は、枠組みをホワイト系にするのがおすすめで、家具はアンティーク調にすればとてもお洒落な空間に仕上げることができます。

また、サンルームの床をタイル仕上げにすれば、気の利いたお洒落なカフェにすることができますし、ペットの遊び場としても使うことができます。

スポンサーリンク

サンルームにリフォームする場合の注意点

サンルームはリフォームで手軽に造ることができますが、建築上通常の部屋と同じ扱いとなります。建物の床面積の増床として算定されますので、自治体への申請や建築基準法に従った施工などが必要です。

つまり、固定資産税の増加につながる要素も含んでいますので、そこをよく検討した上で設置するようにして下さい。

また、温度管理も大切です。サンルームは四方をガラス張りとなりますので直接太陽光が入ってきます。

そのため昼夜の温度差が激しくなりますし、湿気も滞留しやすい空間でもありますので、これらの対策も必要となります。

サンルームの相場は?

サンルームリフォームの費用は規模やデザインにもよりますが、50万円~300万円と幅が広く、設置のサイズやデザイン・メーカー・網戸・断熱性などのオプション機能によって、価格は大きく左右されますの。各メーカーの見積もりを取るようにして下さい。

また、施工会社もサンルームの施工実績がある工務店あるいはリフォーム業者に依頼することをおすすめします。

以上、サンルームリフォームについてまとめました。今後リフォームを検討される方あるいは現在検討中の方の参考になれば嬉しく思います。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています